くすみ肌を明るく見せる化粧下地は?コントロールカラーは肌質で選んで!

何だか血色が悪く感じたり、顔が黒っぽく見えたり、透明感がないなあと思うとき、それは肌がくすんでいるということです。

くすみの原因には様々ありますが、そのままでメイクをしても仕上がりはイマイチ。くすんだ肌を明るく透明感のある肌にしてくれるのが、コントロールカラーです。

自分のくすみや肌悩みに効果を発揮してくれるカラーは何色でしょうか。コントロールカラーの選び方を知っていきましょう。

コントロールカラーとは

化粧下地に使う、ほんのり色味のついたもの

コントロールカラーとは、化粧下地のひとつ。下地には毛穴を隠すものやテカリをおさえてくれるものなど色々な効果がありますが、コントロールカラーは肌の色ムラを補正するのが主です。

今はひとつの効果だけにとどまらず、様々な効果を兼ねている商品がたくさんあります。

ムラのある肌を均一に整え、美肌に見せる

肌の色ムラとは、くすみやクマ、赤みなどのことで、コントロールカラーを上手に使うことでこれらの肌悩みを感じさせることなくメイクができます。

通常の下地を使ってもくすみ肌や色ムラが隠しきれないというときは、コントロールカラーの出番。色づきはほんのりだとしても、絶大な効果を発揮してくれます。

肌悩み別のおすすめコントロールカラー

万能なのはイエロー・ピンク

初心者でも失敗することが少なく使いやすいのは、イエローやピンクなどの肌なじみのいいカラー。どんな肌質でもカバーできます。

イエローは肌と同系色なので馴染みがよく、自然な感じでくすみや色ムラをカバーできます。ピンクは青白い肌や暗い肌に血色感を与え、いきいきとした印象にしてくれます。

クマや茶ぐすみにはオレンジ

目の下のクマや茶色っぽいくすみが気になる肌質には、オレンジがおすすめ。明るさを与えることで色ムラを補正し、顔を若々しく見せてくれます。

赤みや黄みを消し、透明感を出すのはブルー系・グリーン系

頬の赤みや黄色っぽいくすみが気になる肌質には、ブルーやグリーンを使います。正反対の色を重ねることで赤みや黄みを消し、肌に透明感を出してくれます。

赤みを消してくれるのは助かりますが、使い方を間違えると顔色の悪い人になってしまうのがこれらのカラー。塗りすぎや広げすぎには注意が必要です。

コントロールカラー下地の使い方

その日の肌悩みに合わせて使い分ける

肌質は日頃の生活によって左右されるので、よほど美容に気を使う人じゃないと、いつも同じコンディションでいることは難しいですよね。

朝起きて鏡を見たら、クマがひどい日・赤みが強い日・くすみが気になる日と目につくアラは日によってちがうはず。

コントロールカラーはファンデーションのように毎日同じものを使うのではなく、その日の肌悩みに合わせるのが上手な使い方です。自分の肌悩みに対応するカラーをいくつか揃えておくと便利ですよ。

全体ではなくポイント使いする

コントロールカラーは、色や商品の効果によっては顔全体に使うものもあります。ただしクマや赤みなど、肌の色ムラの激しさが気になる場合にはポイント使いが重要となってきます。

クマの部分にはオレンジを使い、赤みにはブルーと、ポイントで違うカラーを使い分けて肌色を均一に整えていきましょう。

使い分けが面倒だからとブルー系を顔全体に塗ると、透明感や赤みカバーを通り越して顔色の悪い人になってしまいます。

コントロールカラーは難しいというイメージがあるのは、使い方によってこのような失敗があるから。顔全体に塗ってもいい色かどうかは、よく見極めて使いましょう。

目立つシミやニキビ跡にはコンシーラーを

コントロールカラーは肌の色ムラを調整して均一に整えてくれます。なので薄いシミやソバカスであればある程度目立ちにくくできる商品もあります。

ですが、濃く目立つシミや赤みの強いニキビ跡などはコントロールカラーでは隠し切れないことも。これらが気になる場合には、コンシーラーを使ってカバーしましょう。

おすすめコントロールカラー下地

エレガンス ベースカラーフィクサーUV

肌の悩みに対応する4色展開。薄づきでありながら透明感を感じさせる美肌に仕上がると評判のコントロールカラーです。

伸びがよく少量でカバーできるのでコストパフォーマンスも○。SPF16とUVカット効果もあり、ファンデーションのフィット性も高めてくれるので、1日中キレイなメイクが続きます。

ジバンシイ アクティ マイン

微粒子パール配合で肌をみずみずしく見せ、色ムラを補正しながら、4つの微量元素によって肌の新陳代謝を助けます。

補正力があるのに自然な仕上がりで、この商品とパウダーだけでも美肌に。しっかりメイクはしたくないけれど、透明感と美肌を求める人におすすめです。お値段は張りますが、伸びがいいので1本を長く使えます。

キャンディドール ブライトピュアベース

くすみや赤みを整えて、透明感のある肌にしてくれます。伸びがよく肌にもしっかり密着。肌の潤いを保つヒアルロン酸やローヤルゼリーなどの美容成分が配合されているのも嬉しいですね。

そしてこちらはSPFが50と高め。絶対に日焼けしたくない人には安心ですね。試しやすいプチプラ価格も魅力です。

ケイト シークレットスキンCCベースゼロ

プチプラ価格で買えるものをもう一つ。血色のいい肌色に整え、ビューティアップパール配合でくすみをとばし、毛穴カバー効果も期待できる下地です。

紹介した他のコントロールカラーよりは重ためのテクスチャーで、厚塗りに注意が必要ですが、上手に塗ることで1日中崩れにくい肌を保つことができます。

まとめ

コントロールカラーの効果や使い方、肌質によっての使い分け方などを紹介しました。

普通の下地で十分と思っていても、何となく色ムラが気になっていたという人もいるでしょう。上手に使えばくすみや赤みのない、女優のような肌になれちゃいます。

コントロールカラーのポイントはなんと言っても「つけすぎない・広げすぎない」こと。ほんの少量を薄く伸ばせば失敗なく使えます。ワンランク上の美肌を目指すなら、ぜひコントロールカラーを使いこなしてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

同じタグのついた記事

同じカテゴリの記事