ネイリストの給料は本当に安い?平均収入や歩合について徹底解説!

shutterstock_185853488

美容業界の中でも特に女性から人気の高いネイリストという職業ですが、やっぱり気になるのはお給料ですね。
ネイリストへの憧れはあるけれど、実際に食べていけるのか不安という方は少なくないようです。

そこで今回はネイリストの給与システムや雇用形態ごとの平均収入など、お給料に関して詳しくご紹介していきたいと思います。

給料のシステム

まずはネイリストの給料のシステムについてご紹介します。

主流になりつつある昇給制

1つ目が昇給制です。
一般的な企業勤めと同様に、スキルや成績、取得資格等に応じて固定給が上昇していくシステムですね。

しっかりと腕を磨きながら真面目に仕事に取り組めば、順調にステップアップすることができます。

減少傾向の歩合制

二つ目が歩合制です。
こちらはどれだけお客さんを取れたかによって、基本給に歩合給が上乗せされていくシステムです。

最近では安定的な経営を重視するサロンが増えたこともあり、歩合給は減少傾向にあります。
地方のネイルサロンでは未だに歩合制を採用していることもありますが、都市部では非常に少なくなっているようです。

それでは次に雇用形態ごとの収入を見ていきましょう。

正社員

ネイルサロンに正社員として雇用された場合の給料についてご紹介します。

正社員の初任給

一般的にネイリスト技能検定試験2級以上が必要とされるネイルサロンへの正社員としての就職。
その初任給は、平均で額面18万円程度と言われています。

同じく美容業界の人気職である美容師が15万円であることを考えれば、業界内での初任給は決して低くはないと考えることが出来るのではないでしょうか。
しかし、やはりOLなど他業界から転職する場合には少なく感じることもあるようです。

正社員の収入

ネイリストの年代別平均月収は次のようになります。

20代→18~22万円
30代→25~30万円
40代→17~20万円

40代では収入が減っているわけではなく、ほとんどが結婚などでドロップアウトするか、独立しているようですね。

店長クラス

年代別の平均とは別に、店長クラスになると30~50万円程度の収入を望むことができます。

店長になれるかどうかはネイルサロンの雇用状況や自身のスキル、ネイリストとしての人気など、様々な要素があるので一概に言うことはできませんが、早い人では2~3年で店長や代表を任されることもあるそうです。
そういった意味では、ネイリストはやはり実力がものを言う世界であるということですね。

アルバイト

次にアルバイトについて見ていきましょう。
主にサロンワークを通じて経験を積む目的、もしくはアルバイト→正社員というコースを狙う方の働き方になります。

時給

地方やネイルサロンによりりですが、800~1200円程度が相場です。
しかし、中には最低賃金以下の悪条件で雇用されるケースもあります。

アルバイトで実際稼げるの?

これに関しては難しいと言わざるを得ません。
例えば時給1000円で8時間×20日働いたとして16万円になります。

しかし、アルバイトはお店が暇な時には優先的に早上がりさせられてしまうので、実際には10万円ちょっと稼げれば良い方です。
ステップアップのためと割り切れればよいのですが、そうでないならしっかりと資格を取得し、最初から正社員雇用を目指した方がいいかもしれません。

講師

ネイリストとして確かな実力と資格を身につければ、スクール等の講師として働く道もあります。

ネイル講師の年収と必要な資格

講師の収入は実力と人気によってかなりばらつきがありますが、だいたい35万円前後とかなり高水準になっています。
資格としては最低でもネイリスト技能検定試験1級以上が必要になり、JNA認定講師の資格も持っていた方が良いでしょう。

ネイリストとどっちが稼げる?

実はこれ、人それぞれなんです。
ネイリストとして大きな人気を集めていたり、大手ネイルサロンで店長や代表を任せれている場合には、講師になることで給料が落ちてしまうこともあります。

余談ですが、認定講師の資格は狭き門なので、実際に講師にならずとも持っていれば基本給が2~5万円上がるといわれています。
しかし検定試験の試験管やイベントの実行委員として駆り出され、サロンワークに集中できなくなるというデメリットも・・・

独立開業

最後にネイリストの目標の一つとも言える、独立開業をした場合の給料を見ていきましょう。

給料は完全に売上げ次第!

当然ですが、自分でサロンを開業した場合、お給料はもらうのではなく自分で稼ぐことになるので、収入は売上げ次第でピンキリとなります。

個人サロンの場合、回転率の問題でだいたい年収600万円前後が天井と言われており、複数店舗をオープンするなど事業拡大ができればそれだけ収入を増やすことができます。
しかしお客さんを呼ぶことができなければ当然潰れてしまうというリスクもあります。

成功と失敗の分かれ道は?

毎年続々と新店舗がオープンするネイルサロン。当然その裏では多くのサロンが潰れてしまっているということです。
では成功するサロンと失敗するサロンの差はどこで生まれるのでしょうか。

1つ目は、ネイルサロン勤務経験の有無が大きいです。
実際に潰れてしまったサロンの多くは、未経験から自分のサロンをオープンしたというケースが多いようです。
ネイルサロンは初期投資が50万円程度と非常に安いので、こういった悲劇も多いのでしょうね。

2つ目に、ネイリストとしての腕はばっちりでも、経営に無頓着というパターンです。
ネイルサロンを開くなら、接客だけでなく最低限の経営の勉強もしておいた方が良いでしょう。

まとめ

なんとなく給料面での待遇が悪いと思われがちなネイリストですが、しっかりしたネイルサロンに正社員雇用されれば、20代で300万程度、30代で400万程度の収入を得ることができます。
店長や代表、人気ネイリストになれればさらなる昇給が期待でき、独立開業に成功すれば1000万円以上の年収を稼ぐネイリストさんも少なくありません。
大変な仕事ではありますが、しっかりと技術を身につけながらお客さんを掴めば順調にキャリアアップができるので、ネイルが本当に好きなら頑張れる職業であるといえるのではないでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

同じタグのついた記事

同じカテゴリの記事