白色ワセリン顔に塗っても大丈夫?春の乾燥対策に効果的な使い方と成分について

肌の乾燥対策にワセリンがいいというのを聞きますよね。ワセリンがひとつあれば、体のあちこちに使えてとても便利ですが、顔の乾燥が気になるとき「顔にもワセリンは使えるの?」と思う人もいるのでは。

肌がみるみる保湿されるように、顔にも心配なく使えると助かりますよね。ワセリンの種類と白色ワセリンの成分、効果的な使い方について調べてみました。

白色ワセリンとは

ワセリンには種類がある

私たちがワセリンと呼ぶものには、実は種類があります。黄色ワセリンはドラッグストアのスキンケアコーナーにも置かれているので見かけたことがある人も多いと思います。

白色ワセリンというのは、黄色ワセリンをさらに精製したもの。より不純物が取り除かれているので、敏感な肌でも比較的トラブルを起こすことなく使えるのが人気のひとつです。

さらに精製されたものとして、プロペトやサンホワイトというものもあります。こちらは純度がさらに高くなっているので、黄色ワセリンや白色ワセリンよりは少々お値段も上がります。

ワセリンの原料は石油

ワセリンは保湿剤とは違うラップのようなもの

ワセリンは乾燥に効果的と言われ人気ですが、実はそれ自体に保湿効果はありません。せっせとワセリンを塗っても、肌に浸透するものではないのです。

乾燥対策に効果を発揮するのは、ワセリンを塗る前に化粧水や保湿クリーム、乳液などで肌内部にしっかりと潤いを与え、そこにラップをするようにワセリンを使用するからです。

クリームや乳液を塗っても、空気が乾燥しているとどうしても成分が蒸発してしまいますが、ワセリンを塗ることで蒸発を防ぎ、スキンケア成分が肌にしっかりと浸透。このステップが無ければ、肌自体を潤すことはできないのです。

白色ワセリンの顔への使い方

スキンケアの最後に

白色ワセリンを顔に使う場合、様々な使い方があります。乾燥が気になるのなら先ほど説明したように、普段のスキンケアをしっかりした最後にワセリンを塗ることで、プルプルの肌を取り戻すことができます。

リップクリームとして

白色ワセリンはリップクリーム代わりに唇に塗ってもOK。はちみつと混ぜ合わせたものでパックすると、つるつるでプルプルな唇になれますよ。

また、口紅を塗った後に白色ワセリンを重ねれば、グロス代わりになるうえ保湿もできます。

メイク下地にも使えます

肌が乾燥してメイクのノリが悪いとき、肌の調子が悪く肌を保護しながらメイクしたいときなどには、メイク下地としても使えます。

あまりべっとりと塗ってしまうと、メイクがうまくできなくなるので、使用量には注意しましょう。白色ワセリンは手のひらでしっかり温めてから、うすーく肌を覆うように塗ります。

ただし、肌が敏感な人はワセリンを塗って紫外線にあたることでトラブルを起こすこともあるため、気をつけてください。

どうしても使いたい場合には、肌に異変が起きていないか小まめにチェックしましょう。

マッサージクリームとして

ラップ効果やメイク下地のほかにも、顔のマッサージクリームとしての使い方もあります。指のすべりが悪いと肌に負担がかかり、シワやたるみの原因になってしまうことも。

白色ワセリンを顔に塗ることで指のすべりが良くなり、顔のコリをほぐしたり、血行も良くしてくれるので若々しい表情と肌を取り戻せます。

肌断食の強い味方

肌本来の力を取り戻すために、肌に何もつけず過ごす「肌断食」。挑戦してみたことのある人はわかるかと思いますが、化粧水も乳液もつけない肌はとても乾燥したり、変に皮脂が出てきたりします。

皮脂が出る場合はいいのですが、ひどく乾燥して顔がばりばりだと、ちょっとの刺激でもトラブルを起こしやすくなってしまいます。

そこで何もつけない肌をワセリンで覆うことで、肌の断食はすすめつつ乾燥から守ります。ごく少量のワセリンを薄く塗るのがポイントです。

購入できる場所は?

薬局・ドラッグストア・インターネットでも

白色ワセリンは薬局やドラッグストアで購入できます。指でワセリンをすくい取るジャータイプや、便利なチューブタイプがあり、発売しているメーカーや容量も少ないものから多いものまで様々です。

プロペトやサンホワイトも一見、手に入りにくいように思いますが、市販されており誰でも購入可能です。

最寄の店舗では種類が少ない、色々なメーカーを試したい、あのメーカーのワセリンじゃなきゃイヤ!というようなときにはインターネット通販が便利。

薬局やドラッグストアで扱いがないものも、ネットならすぐに出てきます。

病院で処方されることも

肌トラブルなどで病院を受診した場合、白色ワセリンやプロペトを処方されることもあります。

医師が処方したものというと、市販品とは別で受診しないと手に入らない特別なものではという感じもしますが、たいがいは市販品と同じものです。

いつも同じトラブルでワセリンを処方されるなら、薬局で購入して常に手元に置いておくと安心ですね。

まとめ

白色ワセリンは顔にも安心して使えることがわかりましたね。特に乾燥対策にはもってこいなので、ひとつ常備しておくといつでも使えて心強いですよ。

スキンケアの後にラップをかけるイメージで肌の潤いを逃さないのはもちろん、メイク下地やリップクリームの代わりに使えるのも嬉しいです。

こんなに便利でありながら、お値段もリーズナブルで手軽に購入できるのも魅力です。冬の乾燥ダメージをしっかりケアして、ふんわり春メイクを楽しめる肌になりましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

同じタグのついた記事

同じカテゴリの記事