敏感肌の特徴は?スキンケアやメイク用品を選ぶときのポイント

ちょっとした刺激で肌が赤くなったり、荒れてしまったりする敏感肌。

ちょっと基礎化粧品やメイク用品を変えてみたら、全く合わなくて肌荒れしてしまった経験や、肌に合う化粧品に出会えるまであらゆるメーカーのものを試してみた、という経験をしている人は多いのではないでしょうか。

また、敏感肌だということに気付かず、肌の調子が悪いなと思いながら生活している人もいるかもしれませんね。敏感肌の特徴や基礎化粧品、メイク用品の選び方を知っていきましょう。

敏感肌の人の特徴

外的刺激に弱い肌のこと

化粧水を違うものに変えたら、肌がヒリヒリと赤くなってしまったという経験はないでしょうか。または、ファンデーションや日焼け止めを使うと決まって肌が荒れる、などもそうですが、敏感肌は肌に触れるものの刺激に弱い肌のことを言います。

化粧水やファンデーションなどだけではなく、メイク落としが合わない、洗顔料が合わないなど洗い流すものでも肌に刺激を与えることもあります。

このとき肌は赤くなったり吹き出物が出たり、かゆみや腫れを伴う場合も。毎日なんだか肌の調子が悪い、という人はもしかしたら敏感肌だったりするかもしれません。

敏感肌はどのような状態なのか

では敏感肌はなぜ刺激に弱いのでしょうか。敏感肌の原因は、本来持っているバリア機能が低下しているせいと言われています。肌は本来、適度な油分や水分によって守られ、外部の刺激から肌を守るバリア機能を持っています。

ところがこのバリア機能は、過度なメイク落としや洗顔、肌をゴシゴシこする、肌の乾燥、食生活やホルモンバランスの乱れ、ストレスなどで崩れてしまうことがあるのです。

これらの原因のほか、もともと肌が弱く敏感な人ももちろんいるでしょうし、季節の変わり目になると紫外線ダメージや空気の乾燥などで敏感肌になるという人も。

バリア機能が崩れてしまった肌は、ちょっとした刺激でも反応してしまい、それを放置するとさらにひどくなってしまうのです。

敏感肌は改善できる?

もともと肌が弱い体質の場合、改善は難しいかもしれませんが、生活習慣や間違ったスキンケアが原因の場合は、それらを見直すことで肌の調子を戻すことはできます。

偏った食生活に心当たりがあるなら、バランスの良い食事を心がけましょう。また、睡眠をたっぷりとることはストレスに負けない身体を作ってくれますし、ホルモンバランスも整えてくれます。

外側からのケアとしては、メイク落としや洗顔料を肌に優しいものにして、洗い流すときは熱いお湯ではなく、必ずぬるめのお湯を使います。熱すぎるお湯は肌に必要な油分まで落としてしまうからです。

それから、肌は絶対にゴシゴシこすってはいけません。メイク落としは力を入れすぎず、時間をかけすぎずに行います。洗顔料はしっかりと泡立てて、泡の弾力で肌を洗うイメージです。洗い流してタオルで拭くときにも、肌はこすらずタオルでおさえるように水分を拭き取りましょう。

化粧水をたたきこむように塗るのはNGです。やさしくおさえるように塗ってくださいね。乾燥は大敵なので、化粧水と乳液をきちんと使うことも大切です。

敏感肌の人すべてがこれで改善される、とは言えませんが、原因がはっきりしている場合はかなり改善できることもあります。

敏感肌の基礎化粧品の選び方

保湿力が高く、刺激の少ないものを

バリア機能が低下している敏感肌は、基礎化粧品の選び方がとても重要です。合わないものや刺激の強いものを知らずに使い続けていては、いつまでも肌が荒れたままになってしまいます。

敏感肌に必要なのは、保湿力の高いもの。基礎化粧品には色々あり、美白を目的としたもの、ニキビ退治を目的としたもの、エイジングケアを目的としたものなど本当に様々な商品が並んでいますよね。

その中でも高保湿成分が配合されていて、お肌にたっぷりと潤いを与えてくれるものを選んでみてください。成分としては、肌内部で水分を保持するはたらきを持つヒアルロン酸や、優れた保湿効果があり、肌のバリア機能を高めてくれるセラミドが配合されているものがいいでしょう。

また、保湿効果が高くても刺激の強い成分が入っているものは避けるようにします。一般的に刺激になると言われている成分は、アルコール(エタノール)、パラベン、香料などです。

ただしこれらを避ければよしということではなく、人によって刺激になる成分は違うので、赤みやかゆみなどが出たときには使用を中止して様子を見てくださいね。

無添加や自然派=肌にいいとは限らない

敏感肌でどんな基礎化粧品を使えばいいか悩んでいるとき、無添加や自然派のものが目について、これなら肌に優しそうと思う人が多いかもしれません。

しかし、無添加だから、自然派だから絶対に肌に優しく刺激がない、というものではありません。無添加と言っても一体何が無添加なのかを調べなければ、中身はわかりません。

また、自然派なら安心と思っても、食べ物と違い肌は自然なものが必ずしもいいとは限らないのです。もちろん、使ってみてとても良かったとしたら、それは続けてもいいと思いますが、これも人それぞれということは頭に入れておいてくださいね。

敏感肌のメイク用品の選び方

メイク道具は肌に優しいものをいつも清潔に

敏感肌でも、いつもノーメイクというワケにはいきません。まずメイクに使う道具ですが、ブラシは毛が柔らかく肌に刺激を与えにくいものを選びましょう。

パフやスポンジは汚れをためず、小まめに洗ったり使い捨てにして常に清潔なものを。

メイク用品を選ぶポイント

メイクをするときには、まず肌に負担をかけない下地を使うのがおすすめです。保湿力があってUVカット効果もあるものが理想ですが、UVカット効果は強すぎると肌が疲れてしまうので、日常生活に対応できる程度のものがいいでしょう。

ファンデーションは油分の少ないパウダータイプのものや、肌に優しいミネラルファンデーションがおすすめ。リップメイクは低刺激で保湿効果の高いもの、香料の入っていないもの、アイメイクはラメを避けるのが安心です。

まとめ

敏感肌はもともと肌が弱いことのほか、生活習慣によっても引き起こされることが分かりましたね。肌が不安定な状態だとメイクも楽しめず、自分に自信がなくなっていくことも。

肌に刺激を与えない方法をしっかり守って、高保湿の基礎化粧品で失われてしまった潤いを与え、本来のバリア機能を復活させられるようケアしてあげましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

同じタグのついた記事

同じカテゴリの記事