ネイル初心者にもわかる!ハードジェルとソフトジェルの比較

ここ数年のネイルはジェルが主流になり、ネイルサロンでもすっかり定番になりましたね。
マニキュアよりも耐久性があり、可愛らしいぽってり感や透明感のある艶、色々なデザインを楽しめる点などが支持されています。

しかし、ネイル初心者の中には、ジェルネイルについていまいち分からないという方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、ソフトジェルとハードジェルの違いをわかりやすく比較して見ていきたいと思います。

ソフトジェルとハードジェルの比較

元祖ジェルネイル!ハードジェルについて

最初に誕生したジェルネイルがハードジェルです。
ソフトジェルが登場するまでは、ジェルネイル=ハードジェルだったわけですね。

ハードジェルはその名の通り硬度が高いので、耐久力があり、長さ出しを行うのにも適しています。自爪の2分の1〜3分の2くらいまで足すことができます。強度があり重いストーンなどを使用するのにも向いています。
艶感が綺麗に出やすく、透明感もあるのでデザインの面でも優秀で、さらに定着が良いので水仕事をしてもリフトしにくいというメリットまで!
このように素晴らしい特徴を多く持っているので、ハードジェルは多くのネイル好きに親しまれてきました。

しかし一方で、自爪を痛めてしまうというデメリットもあります。
ハードジェルはオフする時に削り落とす必要があるので、自爪もどうしてもある程度は削れてしまうんですね。
回数を重ねるごとにどんどん自爪が薄くなってしまいます。

またしっかり定着させるためにプライマーというものを用いるのですが、これが爪の変色などのトラブルに繋がる場合も
このようなリスクから、最近ではソフトジェルに人気を奪われています。

お手軽にジェルネイルを楽しめる!ソフトジェル

現在のジェルネイルで主流なのはこちらのソフトジェルですね。
ソークオフジェルとも呼ばれ、一番の特徴はリムーバーで簡単にオフできるという点です。本当にお手軽ですし、ソフトジェルは色を混ぜて使うこともできるので自分の好みの色を作ることも可能です。デザインの幅も広がるのでソフトジェルを使用してセルフネイルを楽しむ人も増えています。

また、柔軟性があるので折れにくく、自爪を保護したり伸ばすためにソフトジェルをする場合もあります。

しかし、持ちの良さに関してはやはりハードジェルには劣ってしまいます。
洗い物をしたり汗をかくとリフトしやすく、またジェルの種類によっては変色を防ぐためにトップコートを定期的に塗り直さないといけないものもあります。

爪を痛めず、よりお手軽に楽しみたいという方にはソフトジェルがおすすめですね。
現在のネイルに対するニーズにもマッチしているので、非常に人気があります。

ネイルサロンで扱われるジェルは?

人気を反映してか、現在ネイルサロンでもほとんどがソフトジェルをメインに扱っています。
中には全くハードジェルを行っていないサロンもあるほどです。

プロユースのメーカーとして最もメジャーなのが「カルジェル」と「バイオジェル」になります。
どちらもソフトジェルで、品質に関してはネイルサロンで多く愛用されているだあり、最高級といえるでしょう。

カルジェル

カルジェルの特徴は柔らかくしなやかで、定着率も非常に良いので、ナチュラルな仕上がりのジェルネイルを楽しむことができます。
軽いので装着している時の違和感も少なく、ツヤや発色もとても綺麗です。折れにくく、欠けにくいといった特徴もあります。もあるので仕事でPCなどを使うOLさんも安心してジェルネイルができます。

また、サンディングやプレプライマーが不要なので、ネイルをオフするときも爪自体を削ることはなく、爪が薄くなってしまうのも防ぐことができます。
しかし、日光などによって変色しやすいため、透明感を保つためには一週間~十日に一回くらいの頻度で、トップコートを塗り替える必要があります。

バイオジェル(バイオスカルプチュアジェル)

バイオジェルは正式にはバイオスカルプチュアジェルと言います。
硬度が高いので、ソフトジェルでありながら長さ出しをしっかり行えるという特徴があります。
しっかりと爪を守ってくれるので、もともと爪が弱い方や、二枚爪の方にもおすすめです。

また、仕上げのトップコートは不要で塗らなくても1ヶ月ほど持ちます。水分を透過するのでカビの発生率もかなり低いというのもメリットとしてあげられます。

ソフトジェルとハードジェル、それぞれの魅力

ハードジェルの魅力は、なんといっても抜群に美しい透明感と、自由に長さ出しができる点でしょう。
ソフトでは難しい尖った形をつくることもできます。
重みのあるしっかりとしたネイルアートをしたい方には、ハードがおすすめですね。

一方でソフトジェルは、やはりそのお手軽さが素晴らしいですね。
ダメになってきたらさくっとオフして、自爪が傷まないので、すぐに次のネイルを楽しむことができます。
セルフネイルがお好きな方もソフトジェルで決まりでしょう。

自分に合った方法で、ぜひネイルを楽しんでみてください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

同じタグのついた記事

同じカテゴリの記事