ダイエットの強い味方、マクロビオティックとは?マクロビスイーツの簡単レシピ紹介も!

マクロビオティックという、玄米を中心としたベジタリアンのような食生活が、いま注目されています。

日本人が提唱した食事方法で、その高いダイエット効果から、トム・クルーズやマイケル・ジャクソンといった海外セレブも実践していました。

しかし、玄米が中心の食生活となると、質素で満腹にならないイメージを持ちませんか?実際のマクロビオティックの食事は、穀物をしっかりと食べ、噛む回数も多くなるメニューです。

そのため、満腹感を感じながらダイエット効果を実感する人が多い方法なのです。今回は、マクロビオティックについて、ダイエット効果が出る理由、さらにはマクロビオティックに基づいたスイーツレシピもご紹介します。

マクロビオティックとは

マクロビオティックという、日本人が提唱したダイエット方法が、海外セレブの間で人気です。甘いものや白米が好きな人でも、続けやすいことが魅力的な食事方法です。

日本人が提唱したダイエット方法

マクロビオティックは、日本の食文化研究家である桜沢如一さんが提唱しました。ベジタリアンのような、健康的な食生活が大きな特徴です。

メニューは、玄米を中心に構成されています。おかずは野菜や豆、海藻といったシンプルで低カロリーのものを使用しており、肉や魚は基本的には食べません。

このマクロビオティックは、トム・クルーズやマイケル・ジャクソンといった、海外セレブが実践していることでも有名です。

筋力低下防止のために、週に1度は肉や魚を摂取

マクロビオティックでは、肉や魚は食べないと言いました。しかし、筋力低下を防ぐためにも、週に1度は摂取することが勧められています。

筋肉は、主にタンパク質で作られています。このタンパク質は豆類からでも摂取できますが、肉や魚の方が1度に摂取できる量は多いです。

また、筋力が低下してしまうと、脂肪はなかなか燃えません。ダイエットを停滞させないためにも、肉や魚を食べる必要があります。

また、髪や爪、肌はタンパク質を栄養源として作られています。不足すると肌荒れや髪の乾燥、爪のひび割れを引き起こす可能性もあり、女性は特に摂取しておきたい栄養素です。

甘いものや白米が好きな人に効果的

マクロビオティックは、甘いものや白米が好き、なかなかダイエットに成功しなかった、という人により効果的です。

マクロビオティックのメニューは質素に見えるため、「食べてもお腹が空きそう」と感じていませんか?

実は、簡易なメニューといっても玄米が食べられるため、マクロビオティック実践中は空腹感を感じません。それどころか、「しっかりとご飯を食べられている」という満腹感すら感じるのです。

ダイエットの失敗は、過度な食事制限による空腹感や、食事量に満足できないために食欲が我慢できなくなることが原因です。そのため、今までの食事量や間食が多かった人ほど、食事制限をしている窮屈さ軽減できます。

マクロビオティックがダイエット向きと言われる理由

マクロビオティックがダイエット向きだと言われるのには、3つの理由があります。

食物繊維が豊富なメニュー

マクロビオティックの食事は、野菜が多いために食物繊維が豊富に摂取できます。食物繊維には腸内環境を整える効果が期待できるため、痩せやすい体づくりができるのです。

食物繊維には、お通じを良くする効果があり、腸内環境が整えられます。便秘解消につながることで代謝も良くなるため、脂肪が燃えやすくなります。

老廃物が体に溜まって、新たに脂肪ができる可能性も低くなるため、痩せやすい体に変化していくことが期待されます。

また、穀物や野菜は硬く、自然と噛む回数が増えます。噛むことで満腹中枢が刺激され、お腹いっぱいに感じやすくなることも理由のひとつです。

急激な血糖値の上昇をおさえる

マクロビオティックのメニューは、急激な血糖値の上昇を抑えます。血糖値が緩やかに上昇することで、結果的に食べ過ぎを防止してくれます。

たくさん食べたはずなのに、数時間後には空腹感を感じた経験はありませんか?この空腹感は、血糖値が急に上昇したために発生しています。

血糖値が急激に上昇すると、インスリンの過剰分泌につながります。そして、インスリンの過剰分泌は、急激な血糖値の低下も招くと言われています。急激に血糖値が下がると、落差の激しさから、空腹感を強く感じるようになるのです。

空腹感を強く感じることで発生する、食べ過ぎ。血糖値の上昇をおさえることで、食欲を一定に保つ効果が期待できます。

白砂糖や人工甘味料を避けたメニュー

マクロビオティックを実践中は、自然と白砂糖や人工甘味料を摂取しません。そのおかげで、低脂質と低カロリーの食生活が、自然と実現します。

白砂糖や人工甘味料は、太る原因のひとつです。成分に依存しやすい側面もあり、食べすぎにつながります。

しかし、マクロビオティックでは野菜や穀物といった自然食品が中心のため、白砂糖や人工甘味料は摂取しません。そのため、脂肪になりやすい食品を摂ることがなくなり、どんどん痩せることができるのです。

ダイエット中も食べられるマクロビスイーツレシピ

ダイエット中におすすめの、マクロビオティックマフィンをご紹介します。

用意するもの

マフィンの材料として、以下のものを用意しましょう。

【a】
・米粉 150g
・ココアパウダー 15g
・てんさい糖 30~50g
・アルミフリーベーキングパウダー 5g

【b】
・豆乳 150cc
・レーズン 30g

マクロビマフィンの作り方

作り方は、以下になります。

①まず、aをボウルで混ぜ合わせる
②bも別の容器でよく混ぜ合わせて、さらにaと混ぜ合わせる
③オーブンを180度に温めておく
④aとbを混ぜ合わせたものを、型に入れる
⑤オーブンで約20分間焼く
⑥竹串やお箸をさして、中まで焼けていたら完成

aとbの材料は、別々に混ぜてから合わせてください。また、20分焼いても生地が半生の場合は、もう少しオーブンで焼きましょう。

アレンジ

アレンジとして、以下もおすすめです。

・ココアパウダーを抹茶やきなこに変える
・レーズンをアーモンドやナッツにする

また、bにココナッツオイルを入れるという人もいます。自分の好みに合わせて、いろいろ試してみてくださいね。

まとめ

マクロビオティックは、玄米や野菜を中心とした食生活です。低脂質で低カロリーのメニューであることから、ダイエットにおすすめの食事方法です。

また、ヘルシーな食事にも関わらず、噛み応えのある穀物や野菜を食べるため、満腹感も感じられます。

マクロビオティックは、普段の食事だけでなくスイーツにも応用できます。本日ご紹介したレシピや、自分の好みに合わせた材料でアレンジしながら、健康的なダイエットを行いましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

同じタグのついた記事

同じカテゴリの記事