ネイリストの求人・仕事トップ/ネイル/ネイルスクール・資格/通学制ネイルスクールと通信講座を徹底比較!それぞれのメリットは?
ネイル
2016.02.22

通学制ネイルスクールと通信講座を徹底比較!それぞれのメリットは?

IMG_4023

ネイルの勉強をする方法は大きく分けて通学制の「ネイルスクール」と、通信制の「通信講座」があります。
それぞれ一長一短があり、人によってどちらを選ぶべきかは変わってくるでしょう。

そこで、今回はネイルスクールと通信講座、それぞれのメリットとデメリットをご紹介したいと思います。
自分に合ったほうを選ぶ上で、ぜひ参考にしていただければと思います。

通信講座とは

通信講座とはその名の通り、DVDやテキスト教材などを中心に、学校に通うことなく、自宅でネイルを勉強する方法です。
コースは基本のハンドケアからネイリスト検定1級まで対応した、トップネイリストを目指すものまで幅広くあります。

試験や実技でネイルを施したチップなどを講師に添削してもらえるシステムも整っているので、ダメ出しやアドバイスももらうことが出来ます。

通信講座のメリットとデメリット

通信講座の3つのメリット

①費用が安い!

通信講座の最大の魅力の一つに、受講費用がとてもリーズナブルという点が挙げられます。
例えばネイリスト検定の1級までとジェルネイルの上級まですべての資格を取得するコースであれば、通学なら70~80万はするところですが、通信講座はなんと教材費込みで30~40万程度で受講することが出来ます。
お金に余裕がない場合にはこれは嬉しいですね。

②自宅で受講できる

二点目に、勉強を学校に通うことなく、自宅で行えるというメリットがあります。
通学にも時間が取られてしまいますし、受講できる時間も限られているので、忙しい方には通学制は難しい場合もあるでしょう。

その点通信講座はいくらでも融通がきくので、働きながらネイルの勉強をしたい社会人や、家事・子育てに追われている主婦の方にもおすすめです。

③マイペースに勉強を進めることが出来る

最後に、数人から大人数で授業を受ける通学制と違い、通信講座は全ての勉強を自分のペースで進められるというメリットがあります。
分からないことがあればテキストやDVDは何度でも見返すことができ、電話で講師に質問することもできるので、じっくり取り組むも短期集中で進めるも自分次第で決めることができます。

通信講座の3つのデメリット

①直接技術指導を受けることができない

学科や簡単な施術であれば映像講習や参考書でも全く問題ありません。
しかしネイルの実技の中には、スカルプや3Dなどどうしても難易度の高いものがあり、やはりそういった技術は直接講師に指導を受けるのとでは習熟度に差が生まれてしまいます。

②ネイリスト検定1級合格は難しい・・・

通信講座でもネイリスト検定1級対応コースはあります。
しかし、ほとんどの通信講座では合格保障は2級までとなっており、1級の実技を希望する場合はスクーリング(通学)となっています。
やはり本当に難しい技術を通信のみで身につけるのは、少し無理があるようですね。

③モチベーション維持できるかは自分次第

ネイルの勉強で最も重要なのがモチベーションを保つことだといわれています。
しかし、仲間や講師と刺激し合いながら勉強に取り組める通学制ネイルスクールに比べると、孤独な通信講座はどうしてもモチベーションが下がりやすい傾向があります。

一人黙々と何かに打ち込むというのが苦手な方にはあまりおすすめできないかもしれません。

通学制ネイルスクールのメリットとデメリット

通学制ネイルスクールの5つのメリット

①講師から直接指導を受けることができる

これは通信講座には無いメリットですね。
自分のダメなところをその場で指摘してもらい、トライアル&エラーを繰り替えすことができるので、非常に早いスピードで正しい技術と知識を身につけることが出来ます。

②ネイリスト検定合格保障つき!

ネイルスクールの特徴として、受講コースで対策している検定試験の合格保障がついている場合ば多いです。
これは検定に落ちてしまった場合には、カリキュラム修了後にも合格するまでサポートを受けられるというシステムです。
追加費用無しでネイルの勉強と検定の対策ができるので、とてもお徳ですね。

ちなみに最難関である「JNECネイリスト技能検定試験1級」の合格率平均は約35%ですが、ネイルスクールの受講生だとこれが70%まで上昇します。すごい!

③就職サポートが受けられる

ネイルスクールにはネイルサロンから卒業生を回してくれという求人が来るので、独学で勉強してから就活をするよりも、圧倒的にプロのネイリストになりやすいです。
またネイルスクールによっては実際にネイルサロンを経営しており、そのまま卒業後に就職することを狙える場合もあります。

④スチューデントサロンで現場経験を積める

スチューデントサロンというものをご存知でしょうか。
これは勉強中のネイリストの卵の受け入れを行っているネイルサロンのことです。

多くのネイルスクールでは勉強の一環としてスチューデントサロンで実践的な経験を積むことが出来るので、プロのネイリストを目指す上ではとても魅力的ですね。

⑤ネイルの勉強仲間ができる

同じ教室で受講するネイルスクールは仲間をつくりやすいというメリットがあります。
特に全日制のスクールはクラスや授業が固定なので、修了まで一緒ということも少なくありません。
勉強を頑張る上で仲間がいるというのはとても心強いですね。

ネイルスクールの2つのデメリット

①通信講座に比べると費用が高い

ネイルサロンで即戦力になれるネイル1級・ジェル上級取得までには平均で90万円程度。
ネイリストとしてサロンで働けるネイル2級・ジェル初級取得まででも平均で50万円程度かかってしまいます。
通信講座の2倍くらいはかかってしまいますね。

しかし、一般的な専門学校や私立大学なら1年で100万円以上かかることもざらなので、実はネイリストの資格取得にかかる費用はかなり控え目なんです。

②通学の手間がある

実際に学校まで通う必要があるといのは、主婦の方やOLさんには中々な負担ではないでしょうか。
フリータイム制であれば授業時間を自由に選べるので比較的らくですが、それでもやはり仕事終りや忙しい家事の合間に通学するというのはちょっとした手間ですね。

通学制ネイルスクールと通信講座どちらがおすすめ?

プロネイリストを目指すならネイルスクール一択!

身につくネイルの技術と知識、資格合格率、合格までのスピード、就職率。どれをとっても通信講座よりもネイルスクールの方が上です。
特にネイリストとしての腕前は重視したいところですね。

ネイリストになるのはあくまでスタート地点です。
そこから活躍して人気ネイリストになるためには、確かな技術が必要不可欠です。

実際に仕事や家事の合間を縫ってフリータイム制のスクールに通っている方も大勢いらっしゃいます。
プロネイリストが目標の方にはネイルスクールを強くおすすめします。

趣味の充実のためなら通信講座もおすすめ!

セルフネイルが趣味なのでもっと凝ったデザインができるようになりたい!
独学でなんとなくやってたけど、安全に綺麗なネイルを楽しみたい!

このような方には通信講座は充分すぎるカリキュラムでしょう。
費用も安くすませることができるので、非常におすすめです。

通信講座と通学制ネイルスクールについてまとめると

通信講座は費用が安くマイペースに勉強できる反面、プロを目指すにはやや物足りない内容なので、趣味の充実には最適。
反対にネイルスクールは通信講座の二倍近く費用はかかるものの、ネイリストになるためには最も良い選択といえます。
自分のネイルに対するスタンスに合った方を選ぶのがベストですね。

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

PAGE TOP