ネイリストの求人・仕事トップ/美容/自分で作れる簡単美容パックの作り方
美容
2016.04.12

自分で作れる簡単美容パックの作り方

young-woman-687444_640

休日のゆったりとしたお風呂あがりのひとときに、ちょっとお肌の手入れをしようかなと思い立ったはいいけれど、買い置きしてあったはずのパックがない!なんてことありませんか?

そんな時でもがっかりしないで、自宅にあるもので美容パックをサッと作れたら女子力かなり高めですね。

そんなあなたにおすすめな、簡単手作り美容パックをご紹介いたします。

重曹パックで毛穴のお掃除

環境にも優しくお値段も手頃で最近注目されているお掃除アイテムの「重曹」。これがなんとお肌の黒ずみや毛穴のお掃除もしてくれるんです。

やり方はとっても簡単。小さじ1~2杯くらいの重曹に少量の水を加えてペースト状にしたら、気になる部分にのせて10分くらい置き、後は洗い流すだけ。

重曹のピーリング効果で毛穴の脂汚れがスッキリきれいになります。洗い流した後は、化粧水や保湿クリームでお肌をしっかりケアしてあげてください。

重曹パックは、毎日ではなく週に1度程度がおすすめです。また、使用する重曹は、お掃除用ではなく食用のものがいいでしょう。

森のバター”アボガド”はお肌にも効果アリ!

「森のバター」や「食べる美容液」とも呼ばれる栄養満点のアボガドですが、特に最近注目されているのが、その抗酸化作用によるアンチエイジング効果です。

もちろん食べても美味しく栄養も摂れますが、お肌にもとってもいいんです。アボガドの油は肌になじみやすく、皮膚を柔らかくしてくれる上、保湿やシワ予防にも効果的なのです。特に乾燥肌や肌のくすみが気になる方におすすめです。

ただし、お肌の弱い方やアレルギー体質の方は気をつけてください。また、作ったものは一度に使い切るようにしましょう。

【準備するもの】

・アボガド 1/2個
・ヨーグルト 小さじ1
・レモン汁 小さじ1/2

【作り方とやり方】

1.アボガドの実をクリーム状になるまでよく練る
2.レモン汁を入れて混ぜる
3.ヨーグルトを入れて混ぜたら完成
4.洗顔後の肌にのせ、10~20分後に洗い流す

アメリカのセレブに人気のゼラチンパック

29c2abd24a77c4f702726306f76b628e_s

最近アメリカのセレブを中心に、手作りゼラチンパックが話題になっています。こちらは、剥がす時に痛みもなく、お肌を傷つけないと話題になっています。

作り方は簡単。粉ゼラチン大さじ1と牛乳大さじ2を混ぜて電子レンジで10秒くらいチンするだけ!もしも温めが足りないようだったら、熱くならないように気を付けながら少しずつ追加加熱します。

ちょうど良い温度になったら顔全体に塗っていきます。トロトロの液体を顔に塗って15~20分置き、乾いたら剥がします。
剥がす時は、外側から鼻先に向かって剥がすと剥がしやすいです。剥がした後は速やかに化粧水や保湿クリームで肌を保湿してあげましょう。

ゼラチン液が柔らかくて肌につけると垂れてしまう場合は、大判のコットンなどに含ませて、コットンパックのようにして肌に貼ってみるとよいでしょう。

オイルなどを加えていないのに、洗い流した後の肌が程良くしっとりすべすべになるのは、ゼラチンにはコラーゲンが87%も含まれていて、水分を集める働きがあるからだとも言われています。

敏感肌や牛乳が苦手な人は、ミネラルウォーターや精製水でやってもいいですし、お好みでエッセンシャルオイルなどを数滴加えるなど、色々とアレンジ可能なのも人気の秘密です。

余った時には、ひじやかかと、頭皮などに使うのもおすすめです。

 

いかがでしたでしょうか?自宅にあるものでこんなに簡単に美容パックを作れてしまうなんて驚きですね。環境にもお財布にもお肌にも優しい手作りパック、早速今日から試してみてはいかがでしょうか?

 

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

PAGE TOP