ネイリストの求人・仕事トップ/恋愛/結婚式前準備のケンカは付き物!?
恋愛
2016.08.26

結婚式前準備のケンカは付き物!?

shutterstock_391079383

2人で挙げる結婚式。当日は多くの方に祝福され、幸福のムードに包まれますよね。そんな人生の中でも一大イベントとなる結婚式ですが、大規模なイベントであるだけに準備も一苦労。考え方の違いなどにより、結婚式前にケンカをしてしまうカップルも少なくありません。

ここでは、そんな結婚式を挙げるカップルが知っておきたい準備についてご紹介します。

結婚式の準備でケンカになるカップルはほぼ100%?

shutterstock_281184038

結婚式に対する考え方は、男女で違うことも少なくありません。とくに女性にとっては晴れ舞台であり、人生の中で一番輝ける日でもあることから、その準備に強い思い入れをもっていることも多いものです。

一方男性側は、準備を面倒に感じ、女性に任せがちになってしまうことも少なくありません。よく起こるのは、こうした思い入れの強さの違いによるケンカです。

「ケンカはするものだ」と、ゆとりを持ちましょう

女性からすれば、もっと結婚式に向けて準備の手伝いをしてほしいのに、仕事が忙しいといった理由でなかなか準備を手伝ってくれない、「好きなようにやって良いよ」と任せ切りになってしまい一緒に作り上げていくという達成感が無い、そんなすれ違いから、結婚式そのものを取りやめてしまうカップルもいます。

結婚式前の準備の際に一度でもケンカをしたことがあるというカップルはほぼ100%とも言われるほど、準備の際にはさまざまなすれ違いが発生します。ぶつかり合う理由は人それぞれ異なりますが、結婚式前の準備にケンカは付き物だと考え、心にゆとりを持ちながら準備を進めていくことが大切です。

まかせっきりではダメ!

shutterstock_52612633

先にも紹介したように、どちらか片方に任せ切りになってしまうケースは非常に多いです。しかし、結婚式というのは2人で作っていくもの。仕事で忙しいといった事情はあるかもしれませんが、人事のように思わず、必ず一緒に準備するという姿勢で臨むことを忘れないようにしましょう。

役割分担をきちんとする

とはいえ、もちろん専業主婦の方と働きに出ている男性とでは、準備に充てられる割合に差があるのは否めません。その際には、あらかじめ役割分担を決めておくのも良いかもしれません。全部を一緒に決めようと思うと、なかなか思うように進んでいきませんが、ある程度役割を分担することによって、スムーズに進むはずです。

もちろん、その中で一緒に決めた方が良いことは一緒に決めるなどし、お互いのペースで徐々に準備を進めていくことで、大きないざこざも少なく済みますし、ストレスを溜めることなくできるでしょう。

費用面の揉め事

結婚式の準備で揉める原因の一つになるのが、費用面かもしれません。結婚式には多額の費用が掛かりますから、どこまで予算を掛けるべきかは、あらかじめ決めておいた方が安全です。とくに費用のことを考えず、好きなように決めていったら想像以上に高くなってしまった…ということのないように、料金の設定についてはあらかじめ相談して決めておくと良いでしょう。

インターネットや結婚情報誌などで調べれば、それぞれに掛かる費用の相場を調べることができます。式の準備を進める際には必ずチェックしておきましょう。

二人のテーマを二人で決める事に意味がある

shutterstock_407643964

お互いの役割を与えて準備を進めるとはいっても、大まかなテーマなどはあらかじめ決めておくことが大切です。各々が好きなように決めてしまうと、コンセプトが感じられない結婚式になってしまいます。そうならないためにも、どういったテーマにするのかをきちんと定め、その上で準備を進めていきましょう。

どんなテーマが考えられるか?

大まかには、たとえばアットホームさを打ち出したいのか、高級感を出したいのか、形式的なシンプルな式が良いのか、伝統に重んじた式が良いのか、リーズナブルに抑えたいのか、などです。

結婚式の種類には、キリスト教式、神前式、ホテルウェディングなどがあります。大前提として、この部分が決まっていないと準備を進められませんので、まずはどんな結婚式を挙げたいのかを決めておきましょう。

女性が主導する部分はしたほうが良いかも

結婚式への憧れは女性の方が強いものかもしれません。男性側から「どれでも良い」と言われたなら、あえて自分の意見を全面的に打ち出して提案してみるのが良いでしょう。変に、一緒に考えようとし過ぎると、そこから意見のすれ違いが発生し、ケンカになってしまうことも考えられます。

自分の想いを伝え、相手から賛同を得るようなスタイルにしていけば、大きなトラブルも回避できるはずです。

まとめ

結婚式への想いは男女でも大きく違ってくるものです。それによりケンカは必ずと言って良いほど発生するもの。その際には、相手だけが悪いと思うのではなく、お互いがお互いのことを考えてあげることが大切です。

恋愛をする中で、相手がどんな想いを持っているのか気付いてくることでしょう。そして、結婚式への思い入れが強い人なのかそうでないのかもきっと気づくはずです。そこまで乗り気ではない人に対して強要するような言い方は逆効果です。

自分なりの意見を述べながら相手に賛同をしてもらい、相手には相手の役割を与える、といった形で進めていけば、大きなケンカも防ぎつつ、スムーズに準備を進められるでしょう。

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

PAGE TOP