ネイリストの求人・仕事トップ/ネイル/ネイルの仕事・将来性/生活の収入源になるネイリストとしての仕事のやり方
ネイル
2016.06.29

生活の収入源になるネイリストとしての仕事のやり方

shutterstock_396725410

最近では自立を目指す女性が増えていますが、そんな女性の間で人気が高まりつつあるのがネイリストという職業です。

しかし気になるのは、ネイリストの収入で生活をしていけるのかということではないでしょうか。

では、収入源になるネイリストとしての仕事のやり方について、考えてみましょう。

ネイリストを職業にするには

まず、ネイリストになりたいという方には、「ネイルが好きだから」、「自分にも出来そうだから」、「自宅で出来るから」といった、様々な理由があると思います。確かにネイリストという職業に資格は不要ですから、始めようと思えばすぐに始められるでしょう。

しかし実際には、ネイルをする場所・材料・道具はもちろん、集客のためのHP・チラシの作成など、営業や経営といった分野の知識も必要になってくるものです。

それにサロンに勤めるとなれば、まず働き口を見つける必要があります。どちらにしろ、すぐにネイリストを職業として生活していくということは、なかなか難しいでしょう。

ネイリストとしての働き方

では、具体的にどのようにネイリストとして働きたいかを考えてみましょう。

まずネイルサロンを始めたいということであれば、必要な場所と材料、道具をそろえて始めたとしても、お客さまからいただいた料金が、そのまま収入になるというわけではありません。材料費などの経費を差し引いたものが収入となるので、例えば生活費として15万円が必要な場合、それ以上の売り上げがなければ成り立ちません。

一方、ネイルサロンやエステサロン、美容院、またスポーツ施設などで働く場合には、同じく生活費として15万円必要であれば、それだけお給料としてもらえればオーケーでしょう。

ネイリストとしての収入で生活していくこと

実際にネイルサロンを始めた場合、自宅などのお金がかからない場所が確保でき、ある程度の材料や道具を安くそろえて、ある程度集客の見込みがあるならば、生活していけるだけの収入も得られるかもしれません。

しかし、それだけで生活をしていき、またネイリストを仕事して自立したいということであれば、さらに経営について学び、本格的に個人事業主として収入と支出の管理をする必要があります。

また、サロンに勤める場合には、自分が生活できるだけのお給料をもらえる職場を探す必要があります。そして、その後のいかに収入を増やしていくか、キャリアアップも考えなくてはなりません。

ネイリストとしての収入だけで生活していくのであれば、こうした点を考えた上で、自分い合った仕事のやり方を決める必要があるのです。

 

このように、生活の収入源になるネイリストとしての仕事は、自分のライフスタイルにあったやり方を考えなくてはなりません。軌道に乗るまでは副業やアルバイトなどをしなくてはならない場合も多いでしょう。

何事もひとつの仕事を生活源とするには大変なことです。技術や経営の勉強と努力を重ね、ネイリストを職業と出来るよう頑張っていきましょう。

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

PAGE TOP