ネイリストの求人・仕事トップ/ネイル/ネイリストになるには/現役ネイリストが教えるネイリストへの道のりvol.2 ~未経験から自宅サロンを開業、プライベート自宅ネイルサロンリリラース 内海利栄さん~
ネイル
2017.05.09

現役ネイリストが教えるネイリストへの道のりvol.2 ~未経験から自宅サロンを開業、プライベート自宅ネイルサロンリリラース 内海利栄さん~

現役ネイリストが教えるネイリストへの道のり」第2回目は、主婦であり、お子さんもいながらにして、ゼロスタートから自宅サロン開業までの夢を叶えたネイリストの内海利栄さん。
通常、独立して毎日予約で埋まるまでのサロンにするには、ネイルサロンで働いた経験があったとしても、かなり難しいこと。今回の体験談の中では、家庭とパートも掛け持ちしながら大好きなネイルを仕事にするため努力を重ね、見事自宅サロンまで開業後も試行錯誤されたという実体験を詳しくお聞きすることができました。趣味でネイルを楽しんでいた内海さんが、ここまでに至るまでの道のりとは一体どのようなものだったのでしょうか。現在、もう一つの目標を叶えるため、さらなるチャレンジを続けているアグレッシブな姿勢も含めて元気の出る体験談をお届けします。

ネイリストを目指したきっかけとは

ネイリストを目指す以前は様々な接客業に就いていたんです。若い頃はガソリンスタンドで働くのが大好きでしたし、カラオケの店員やイベントコンパニオンなども経験しました。本来とても人見知りだった私が、この接客業で得たことはとても大きく、今のネイリストとしての、お客様の接客、会話や話題作りが出来るようになったのもこの経験のおかげだと思っております。
ネイリストを目指そうと思ったのは本当にシンプルで、「ネイルが好き」という気持ちが一番大きなきっかけです。同時に、当時ついていた接客業を含め、他の職業も、ネイル禁止の職場がとても多かったこともあり、大好きなネイルを我慢して仕事をするのなら、自分がネイリストになってしまえばいいんだ!と思い立ち、ネイリストへの転職を考え始めました。

独学での施術に限界を感じスクールでネイルの基礎から学ぶことに

もともとネイルをするのは大好きで、ネイリストを目指す前も、プライベートで友人達に施術していたのですが、持ちが悪かったり、塗り方が汚くなってしまっていたんですよね。独学だけでは分からないことがたくさんあったので、スクールに通いジェルネイルの基礎から勉強を始めました。

家庭との両立を考えたスクール選びの基準

主婦業と子育て、またパートも両立していたので、なかなか時間もなく、自由に使えるお金にも限りがある…そんな条件の中、スクール探しで一番重視したのは金銭面と時間割です。有名なネイルスクールは何十万、何百万と手が届きません。それでもあきらめずに色々な情報を調べる中で、自宅から3駅ほどの場所に個人経営のサロンで開講しているスクールに行き着いたのです。そこは単発で好きな時間に通うことができ、かかる受講料は4時間×4回の計16時間分+その他材料費のみ。支払い方法も都度払いのほか、分割も対応してくださるという、私にとっては願ってもない条件の主婦にも優しいネイルスクールだったのです。私が受講したのは「ホームサロン開業コース」というものです。授業の内容は、ケア、ジェルの基礎、アート、モデル授業があり、使用していたジェルはエースジェルというメーカーで、卒業時にはディプロマ(修了証)も発行されますし、これだけの融通が利くスクールはない!ということで、早速通い始めました。

スクールの先生自身も主婦ということで、子育てしながら、主婦をしながら勉強するという立場にとても理解のある方でしたし、子供がいるときは一緒に同伴も可能だったんです。空いた時間に、好きな時間だけ通えて、なおかつアフターフォローもある、このような個別対応はとても助かりましたし、大きなサロンでは逆にこういった優遇は難しいと思うので、私にとってはメリットでした。
唯一、難点を挙げるとすれば個人経営ということもあり、お部屋のスペースの関係上最大2、3組しか入れないので予約が込み合うこともあったかなということくらいですね。本当にそれくらいで、価格も授業内容も大満足でした。

スクールに通って気づいた基礎を学ぶことの大切さ

私はジェルネイルについて初めて、本格的に基礎から勉強をすることになったのですが、もちろん最初は初歩的な勉強からスタート。道具の名前から入り、ファイルの面取りや、材料、道具の用途をしっかり勉強してから、ケアのやり方を教えていただきました。実は当時、このケアを教えて頂いた時点で、もう目から鱗だったんです。セルフでやっていたので、全くケアなんてしたこともなかったですし、一つ一つに全て理由があるんだなーと、ネイルの勉強が楽しくなってきたこと覚えております。
ジェルの塗り方を教わり、アートはワンカラー、フレンチ、グラデーションを教わりました。
最後にモデルさんを連れて行って、実際に、自分や先生の手ではない「人の手」にネイルをさせてもらったとき、緊張で手が震えたことも覚えていますね。同時に不慣れながらに出来上がったジェルネイルに喜んでもらえた時の達成感はとっても嬉しかったですね!

安心してもらえるネイリストを目指して資格を習得

前述しましたが、最初は友人に少しできる程度になれば、というくらいの想いだったんです。それが、勉強をしていくうちに、「お客様から安心してもらえるネイリストになりたい!」という思いが強くなり、検定を取りたいという欲が出てきたんです。3級から取り始めて、約1年半で1級まで取ってしまいました。
さらに、ジェルネイル検定も初級から上級まで、そしてサロンに1人は必要とされるネイルサロン衛生管理士と、爪を削らなくても施術が可能なパラジェルのインストラクターも取得しました。

限られた時間での資格取得にはかなりの苦労が

ネイル資格は様々取得しましたが、合格までの道のりは本当に険しかったですね!
小さい子どもも居たので、時間が本当になくて、寝かしつけた後に夜な夜な毎日練習するのが日課でした。あの頃は本当に辛かったです(笑)
寝不足でも家事はやらないといけないですし、日中は幼稚園に行っている時間だけパートをしておりましたので、本当に時間を作ることが大変でした。
旦那さんは朝から晩まで家にいない仕事なので、全くあてにはできなかったですし、寝坊してお弁当も作れず、「ネイルなんてやめろー!!」って怒られたこともあったり(笑)
今となっては笑える話ですが、当時は落ち込んでましたよ。

大好きなネイルを仕事にするため自宅サロンを開業

自宅でネイルを始めた頃は友人に材料費だけもらってネイルをしていたんですが、だんだん紹介で来てくれる人も増えたことがきっかけで独立を決めました。
サロンに入ろうかなと思うこともありましたが、ネイルサロンは基本的に11時オープンの22時まで営業で、募集されていた時間帯は遅い時間帯しかなかったんです。子供がいるのでそこまで遅い時間は絶対無理ですし、家で仕事ができれば、子供が帰って来た時もいてあげられる、これが一番の理由で自宅でサロンを開くことにしたんです。

サロン経験がないゆえの不安もスクール時代の恩師のサポートで乗り越える

サロンに務めることなく、自宅ネイルサロンを開業したので、不安もいっぱいありました。ですが、ネイリストとしての経験を積むために、スクールの先生がいろんなイベントに呼んでくださり、外部で働く機会も用意してくださっていたんです。例えばハーレーダビッドソンのイベントでブースを出し、ネイルを提供したり、お台場のハロウィンイベントでブースを出し、ネイルを提供することもありました。先生には今でもお声かけいただいており、最近だと、私は不参加でしたがダンスパーティーでネイル提供のお仕事もありました。その他にも老人介護施設のボランティア活動もしておりますし、地域のマーケティングに参加もしました。様々な機会を与えてくださるとても活発な先生と出会えた事に感謝しております。先生はもう直ぐ美容室内でネイルサロンをやる予定だそうなので、お手伝いさせていただけたらとも思っています。

開業当初は集客に悩まされることに……

やっと大好きなネイルが仕事としてできるようになった!といっても、価格も安く設定していましたし、当初は紹介で来てくれる方だけだったので、新規集客には苦労しました。稼ぎを補うためにカフェでのパートもしていました。カフェのパートはシフトの優遇もかなりよく、子供も連れていくことが可能な職場で、かなり助かっていましたね。同時に手作りのリーフレットを置いてもらって、サロンの集客にも協力してもらっていました。

お客様の爪を守るためにパラジェル導入サロンへ

そんな風に新規集客にいろいろと思考錯誤していた時、某美容サロン集客サイトから掲載の提案があったんです。美容院やネイルサロンを探すときに使う集客サロンサイトでは有名でしたので、一か八かの賭けで登録したところ、新規の予約が続々入り、リピーターも増えていったのです。掛け持ちしていたカフェのパートには中々入れないほど程ネイルのお客様が増え、媒体の力を思い知りました。

一方、嬉しいことではあったのですが、その頃新規で来られるお客様の中に、爪がボロボロで持ちが悪くなってしまうという悩みを持った方も急に増えたんです。原因は長年、ジェルネイルのしすぎで、爪が削られすぎて表面が薄くなってしまっていたためでした。
そこで私は、削らずに健康な爪を保ったまま施術可能な、パラジェルを導入しました。爪の弱い方でもネイルを楽しんで欲しいということで導入をしましたが、今では爪を削らずにジェルネイルができるということで選んで来てくれる方もいらっしゃいます。

今後はパラジェルエデュケーターを目指して!

現段階はインストラクターという形でネイルを行なっていますが、今後はパラジェルエデュケーター取得を目標にしているんです。爪を傷めずに、たくさんの方にジェルネイルを楽しんでいただきたいのです。爪を削らないノーサンディングジェルはこの先、主流になってくるはずですので、今後ネイリストを目指す方へは特におすすめしたいジェルなんです。
さらにエデュケーターになるとパラジェル公式セミナーを開講できるんです。そこでパラジェルの良さをネイリストさん達に伝えていきたいなと思っています。かなり難しいことではあるのですが頑張っていきたいですね!

自宅サロン開業を経験して伝えたいこと

ネイリストを目指している方へ

検定や試験はとても難しく心が折れることもあるんですが、あきらめずに頑張って欲しいです。練習することで絶対に上達しますし、合格できるはずです!私も、今後パラジェルのエデュケーターも習得するつもりで頑張っておりますし、皆さんも、一緒に頑張りましょう!

これから独立を考えているネイリストさんへ

きっと独立となると集客など、先のことで不安になることがたくさんあると思うんですが、自分の腕を信じてください!集客にはSNSをフル活用してみるのも良いですよ。長い目で見て頑張れば必ず軌道に乗ってきます。不安だからと諦めていては、何も変わらないですよ!一歩踏み出してみてはいかがでしょうか?仮に失敗してもまたサロンを探せばいいんです。やれることは全力でやってみましょう!自分のサロンを知ってもらうためにはチラシを配ったり、置いてもらえそうなお店を回ってみることも、ポスティングだって、まずはできることからやってみることが大切なんです。それだけでだいぶ集客の効果はありますよ。

家庭と両立してネイリストにもなりたいと思っている方へ

家庭がある中で、ネイリストになるというのは、やはりかなり大変ですから、軽い気持ちでは続かないでしょう。イライラしてお子様に当たってしまったりすることもあったり、旦那様と喧嘩になってしまったり。でも、やる気があれば出来ますよ!加えて、もし可能ならば、旦那様の協力が少しでも得られたら助かるのではないかなと…。実際私はとても助かりました。朝家族を見送った後に、一本だけでもネイルの練習する、子供を寝かしつけたら、家事を済ませて、この時間までは練習する!と決めて合間の時間に少しでもやるだけで上達します。手が鈍らないように毎日何かしら触りましょう。
そして焦らないことです。ストレスになってしまっては、楽しいネイルライフが過ごせませんよ。楽しんでやりましょう!

Nail Salon Lililasについて

私のサロンはパラジェルを導入しております。爪を削らず、傷めることなく、健康な爪へと導いていきます。
爪がボロボロで悲しんでいる方、持ちが悪くて悩んでいる方、是非一度パラジェルをお試しいただければと思います。パラジェルは正しく施術すれば、とても良いジェルネイルができるので、しっかり知識のあるインストラクターや、エデュケーターの元で是非始めてみてください。私のサロンは小さな自宅サロンですが、その代わりにお子様連れも対応できますし、価格も少しお安くご提供していますので、越谷市自宅ネイルサロンLililasリリラースを是非検索してみてくださいね!

店舗HPを見る

Instagramを見る

専門家プロフィール

内海利栄(ウチウミリエ)

内海利栄(ウチウミリエ)

ネイリスト

埼玉県越谷市にて、パラジェル認定プライベート自宅サロン「Nail salon Lililas」を開業。
人気のトレンドネイルをいち早く取り入れ、豊富なアートデザインも手軽な価格で提供している。 “健康な爪を保ったままネイルアートを楽しんでもらいたい”という思いで、爪を削ることなく施術が可能なパラジェルを導入し、インストラクターの資格を取得。今後はパラジェル公式セミナー開講に向け、エデュケーター習得を目指す。
資格:パラジェルインストラクター,ネイリスト検定1級,ジェル検定上級,ネイルサロン衛生管理士
bloghttp://s.ameblo.jp/mi-kagu/
Instagramhttps://www.instagram.com/_lililas_rie_/?hl=ja

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

PAGE TOP