ネイリストの求人・仕事トップ/恋愛/独占欲の強い彼と上手に付き合う方法!
恋愛
2016.04.12

独占欲の強い彼と上手に付き合う方法!

woman-1149909_640

「彼の独占欲が強くて困っている・・・」「束縛が激しくて友達と出かけることができない」そんな話を聞きくことがありますがそもそも独占欲とはどのようなものなのでしょう?「独占欲が強い人とは付き合っていられない」という方もいらっしゃいますが、独占欲があるということはそんなに悪いことになってしまうのでしょうか?

そもそも独占欲って?

独占欲とはあるものを自分だけのものにしたい、独り占めしたいと思う欲求のことです。「これは自分だけのもの!」という強い執着心と同時に、「この人あるいは、これを失ってしまえば自分は独りぼっちになってしまう。」という孤独に対する恐れからくるものでもあります。
独占欲があるのは悪いことではありません。自分のものにしたいという強い気持ちがあれば、そのために努力を重ね、自己スキルの向上にも繋がるからです。

しかし、独占欲が強くなってしまうと、ただ好きな人だから一緒にいたいという気持ちよりは、独りにならないように相手の行動を制限したり、監視したりしてしまうといった行動に現れてしまい、トラブルを引き起こしてしまう場合があるのです。
束縛が激しい、何かと「誰といたの?」「どこに行ってたの?」と聞かれてうんざり……、などそれぞれ悩みがあるでしょう。それなら独占欲が強い彼とはどう付き合っていけばいいのでしょうか?

独占欲が強い彼の特徴

独占欲が強い男性がしがちな行動、以下のようなものが挙げられます。

・事あるごとに連絡を求める
・少しでもレスポンスが遅れると怒るorすねる
・すぐに彼女の携帯をチェックする
・遊んでいる人が知らない人だとしつこく問い詰める

などが代表的な独占欲が行動に出ているパターンです。

独占欲が強い彼は、あなたに関しての情報をすべて把握していたいと考える人が多いです。では、なぜ彼はこのような行動をとってしまうのでしょうか?

独占欲が行動に出てしまう理由

独占欲が行動に出てしまう理由は大きく分けて3つ考えられます。

1. 好きすぎて心配性
2. 自我が強い
3. 自分に自信がない

1. 好きすぎて心配性

「好きすぎて心配性」の場合、彼はあなたが好きすぎて、他の人のところへ行ってしまうのが怖いのです。大事にしているからこそ、他の人には触れられたくないし、その気持ちが独占欲になっています。

「愛しすぎるが故に独占欲が出る」というのは、彼自身でもコントロールが難しいパターンです。

2. 自我が強い

「自我が強い」場合は、1の場合とは対照的で、恋愛としての感情よりは自分の満足の方が優先的になってしまっていることが多いです。

こうした男性は、あなたのことで分からないことがあったり、返事が遅かったりすると、不機嫌になりがちです。普段から自己中心的な場合も多いため、よく観察しましょう。

3. 自分に自信がない

「自分に自信がない」場合は、あなたが他のところへ行ってしまうんじゃないか、という不安から、常に独占したいと考えるケースです。

困ったことに「彼女がかわいい、素敵な人だ」と周りから褒められれば褒められるほど不安になってしまい、「自分は彼女と釣り合ってないんじゃないか?」と余計自信をなくすことも。

独占欲が強い彼との付き合い方

では、そんな彼と付き合っていくためにはどういったことに気をつけるべきなのでしょうか?先程、3つの理由を紹介しましたが、対策はすべて共通しています。それは、あなたが彼の心情や行動を心の底から理解して受け止めることです。

「は?そんなこと!?」と思った方もいると思います。しかし、それこそがあなたと彼の関係をうまく維持するコツなのです。
彼があなたを好きであることには間違いありません。では、どうすればいいか?

彼の気持ちを考えてみる

頭ごなしに「しつこい!」「子どもみたいなこと言わないで!」と否定するのは逆効果です。彼が何を不安に思っていて、どういう風に安心したいのか、考えてみましょう。

それは、あなたがもっと「好きだよ」と伝えることかもしれませんし、「私が惚れた○○なんだから、もっと自分に自信を持って!」と励ますことかもしれません。

安心感を与える

「そんな甘やかさなきゃいけないの……?」と思うかもしれませんが、独占欲の強い男性は、はっきり言って幼い甘えん坊です。こっちが開き直って、一度がっつり満足させましょう。

そうすることで、彼はあなたに対して安心感を覚えるようになります。その関係を保っていけば、彼の独占欲は安心に変わり徐々に薄れていきます。

まとめ

たくさんの悩みや不安もあるでしょう。でも、彼はあなたのことが好きでそばにいたいと思っています。それが、悪い形で行動に出てしまっているだけなのです。

しっかり理解を示して、彼への行動を変えていくことが関係をよくするための第一歩です!

 

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

PAGE TOP