ネイリストの求人・仕事トップ/美容/水着の準備はOK?失敗しないデリケートゾーンのお手入れ方法!
美容
2016.06.14

水着の準備はOK?失敗しないデリケートゾーンのお手入れ方法!

shutterstock_232995370

夏になると、水着を着て、海やプールで楽しみたい!と考えている方も多いのではないでしょうか。

そこで毎年悩みになるのが、水着を着るた時に気になるデリケートゾーンのお手入れです。美容に関心のある方は、既にデリケートゾーンのお手入れをしている方もいますが、失敗しないようお手入れをするにはどのような方法があるのでしょうか。

ここでは、失敗しないデリケートゾーンのお手入れ方法についてご紹介します。

デリケートゾーンは人の印象を左右する

デリケートゾーンとは、人の印象を左右するものです。たとえば、プールや温泉などに行き、ここがしっかりと処理されていないと、ゲンナリとしてしまう男性の方は多いのではないでしょうか。特に女性同士の場合でも、デリケートゾーンのお手入れなどは見られていることが多いです。

このため、自分の印象を良くするためにも、しっかりとお手入れをすることが必要です。デリケートゾーンのお手入れは、脱毛サロン、クリニックなどで脱毛をするという方法もありますが、時間がないという方は、自分でお手入れをする必要があります。自己処理の場合でも、失敗しないように心がける必要があります。

Vラインは形づくりが基本

デリケートゾーンをケアするためには、どのようなことに気を付ければよいのでしょうか。

まず、Vラインをお手入れするためには、形を決めることが大切です。最初に形を決め、電気シェーバー、または、ヒートカッターで処理をしていきます。

ヒートカッターをなぜ使うのかというと、毛先などを丸く処理することができるため、毛がはみだしてしまうことを防ぐことができるからなんです。
また、お手入れ後には、クリームなどを塗り、しっかりと保湿をして肌を傷めないようにしましょう。

気を付けなければいけないこととは?毛抜きの処理はNG

デリケートゾーンのケアにおいて、絶対にやってはいけないことは、毛抜きによる処理です。毛抜きをすることで、毛の奥の血管や、または皮膚を傷つけてしまうことが多く、出血をしてしまったり、または埋没毛の原因となってしまったりなど、さまざまな影響があります。

毛抜きをすることで、見た目なども悪くなってしまうこともありますので、自己処理で毛抜きをするのは避けておいた方が良いといえるでしょう。

 

デリケートゾーンのお手入れは、水着を着る際には必須であるといえるでしょう。しかし、自己処理をする場合には、失敗をしないように気を付けなければいけませんね。

また、可能であれば、脱毛サロンなどで、適切な処理をしてもらうことをおすすめします。

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

PAGE TOP