ネイリストの求人・仕事トップ/美容/梅雨の時期のうねり髪を逆に活用しちゃうオシャレなヘアメイク術
美容
2016.07.05

梅雨の時期のうねり髪を逆に活用しちゃうオシャレなヘアメイク術

shutterstock_331305158

梅雨になると、湿気が多くて、特に髪の毛の悩みが多く出てくる時期です。うねり髪に悩む方も多いと思いますし、ヘアアレンジにお困りの方も多いのではないのでしょうか。

今回は、そんな梅雨を乗り切るおしゃれなヘアメイク術をご紹介します。

ボブヘア・ミディアムヘア

ボブヘアは、長さが中途半端でヘアメイクをするのが大変というイメージがありますが、湿気に反応してうねりをふわっと見せることで、メリハリのある髪形にすることができます。

おすすめは、全体をひとつにまとめたベーシックお団子ヘア。トップから毛束をやや多めに引き出すことがポイントです。幅広のヘアーバンドやカチューシャを使用すると、よりおしゃれな印象になります。髪の根元にはスプレーをしておくと安心です。

ロングヘア

特に髪の量が多いと、まとめるのが大変なロングヘア。こちらも梅雨独特のうねりを最大限に活かしてみましょう。

おすすめは、簡単で大人っぽく仕上がる、ツイスト。耳上の毛束をねじってハーフアップにし、中央に集めてピンを止め、その他の髪の毛は3つ網風にまとめましょう。うねりは髪の毛の動きとして活用しましょう。

前髪のある方は、スプレーで軽くキープしましょう。大人ガーリィにまとめることによって、徹底的にうねりに打ち勝つことができます。

もう一つのおすすめは、太めのアイロンでラフに巻いたゆる巻きダウンヘア。太めのアイロンで巻くので、湿気でうねりができてしまっても、カールが取れかかっても崩れたように見えません。

うねりとカールでバランスの良いラフ加減を演出することができます。前髪はうねりが前面に出ると見た目が良くないので、ねじって押さえ込んでしまうと良いでしょう。

ショートヘア

人気のショートヘアですが、うねりが起こるともじゃもじゃした印象になってしまいがち。そこでおすすめしたいヘアメイク術は、毛先を巻いてピンを付けるだけの簡単アレンジです。

短めのショートヘアでも、しっかりと髪の毛を固めることで、梅雨の時期にも対抗できます。あえて髪を巻くことで、単なるうねりだということをわかりにくくすることができます。おしゃれなピンを選んで、すっきりかわいくまとめましょう。

 

いかがでしたか?梅雨の時期はどうしても髪の毛がうねってしまいがちですが、うねりを逆に活用して、おしゃれなヘアメイクを楽しむことができますね。

自分好みのヘアアクセサリーを使って、梅雨ならではのヘアメイクを楽しんでみてはいかがでしょうか。

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

PAGE TOP