ネイリストの求人・仕事トップ/生活/春、東京での新生活へ向けた家選びのポイントは?
生活
2017.03.06

春、東京での新生活へ向けた家選びのポイントは?

4月から東京に出てくる方も、更新を控えて引っ越す方も、家探しも佳境ですよね。よく「東京は8割が地方出身者」なんて言われますが、本当に最初の引越しは、右も左も全く分からず、土地勘も何もないので途方にくれてしまうものです。

そこで今日は、「ネイルサロン激戦区」渋谷&新宿をピックアップして、ここに出やすいおススメエリアや、家選びの際注意するポイントなどをお教えします。

アクセスの良さと、通勤時間はとにかく大事!

たまに来る場所ではなく、毎日通うことや、東京の満員電車ぶり、自分自身の疲れ具合、色々加味して考えると、やはり電車通勤の場合アクセス方法はとにかく大事。家賃にかけられる金額は、よくお給料の1/3以内といわれますが、「新宿」や「渋谷」は、基本的に東京内でも家賃相場は相当高いエリアになり、ここに通じる沿線も少し高めにはなります。

正直、地名までは最初全く頭が回らないかと思うのですが、実は一般的な挨拶の範疇で聞かれる率が一番高いんです。もちろん接客時にも。ネイリストさんといえば、やはりライフスタイルもお客様の憧れに通じますから、そんな時にも、ちょっと言いたくなるような場所がいいですよね。
ちょっと見逃しがちでも、アクセスばっちりで家賃がそこそこの穴場をご紹介します。

① 千歳船橋(1R平均7.1万)

新宿にも20分以内。なんと言っても世田谷区で住所も選べば経堂という素敵な場所です。ここは落ち着いた閑静な町並みはもちろん、駅前の商店街もまたホッとさせてくれるんです。働いている場所は都会のど真ん中!になるとしたら、休日含めて少し落ち着きたいなという気持ちにもなるもの。ひとり暮らしにも優しい街、かつ、「どこ住んでるの?」「世田谷~」と言える特権もついてくるおススメエリアです。

②二子新地(1R平均6.9万)

なんと隣が二子玉川という立地ながら7万円を下回る素敵な街。昔から、二子玉川エリアはセレブなイメージがある場所でしたが、駅前に「二子玉川ライズ」が出来てからは、さらに人の流れが多くなっています。渋谷までも最短15分。多摩川沿いで景観が良く、休日は自宅付近でゆっくりリフレッシュできるかも。ファミリー層も多く安心感も得られる他、ある意味、ファッション流行もよく見える場所なので、ネイリストさんにとってはいい刺激ももらえそうです。

③吉祥寺(1R平均7.7万)

さて、ここは言わずとしれた「東京ですみたい街人気NO.1」の街。街の大きさもそこそこで、なんでも揃うのに公園があったり、すぐ閑静な住宅街があったり、街自体も意外と古いので人情味もあるバランスの取れたところが人気の秘密。新宿へは中央線一本15分、渋谷へは井の頭線一本20分の立地で、贅沢を求めなければ7万円台でも住める!

部屋選びのポイント

1.1階は避けろ

よく言われることですが、実際に下着泥棒や家宅侵入被害にあう子は実際は多いとも聞きます。
上の階なら安心とまでは言えませんが、第一条件にして欲しいところです。

2.セキュリティ

これには2つパターンが。
いわゆるセコムや共同玄関で外部侵入を防ぐものもあるが、オススメは管理人さんか
大家さんが近くにいること。大家さんもその物件で事故や事件があって悪評立ってほし
くないから、なんかあって相談すると親身になってくれることも。
大家さんの人柄も選ぶポイントのひとつですね。

3.インターホンは画面付き

基本ですが、見落としがちです。
宅急便でも油断しない事も大事なんです。基本的にエリア配達の担当は決まった人が来るので、その人でない場合はちょっと用心できますし、誰からの荷物かその場で必ず確認することも大切です。場合によっては宅配BOXも利用できるといいですね。また、最近は宗教の勧誘も多いのでこちらも注意しないと出家するハメになりますよ笑

4.家の近所の交通量

静かな緑多い所に住みたいと思う人が多いかもしれませんが、人通りの多さは大切。
ネイリストさんは確実に夜は遅くなりますから、ここは一番配慮すべき点かもしれません。
暗い道を歩くのは危険です!

住めば都といいますが、やはり最初押えておくべきポイントだけは譲らずに、その中で不動産屋さんに相談すると、変に流されずに物件を決めることが出来るかと思います。引越しはやはり大きな決断ですから、気持ちよく新生活がスタートできるように準備を整えたいですね。

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

PAGE TOP