ネイリストの求人・仕事トップ/美容/手遅れになる前に!今から始めたい春のシミ対策
美容
2017.03.16

手遅れになる前に!今から始めたい春のシミ対策

3月も下旬になれば桜が咲き、光も降り注ぐ春。気持ちがよくてお出かけも増えてきますよね。ただし、実は春のお出かけでこそ、しっかり意識して欲しいのが、夏同様の強い紫外線!日差しは柔らかくても油断禁物なのです。もちろん、顔だけじゃなく手や腕もしっかりと。

ネイリストさんであれば、ネイル以外のお客様の手のトラブルや日焼けなどにも気づきやすいですよね。日焼け止めや日焼け止めの手袋などを販売されているサロンさんもあるかもしれませんので、ちょっと意識して欲しいポイントをあげておきます。

日焼け止めの表示を理解して!

知っていましたか?SPFとPAは違うんです。おそらく、日焼け止めクリームを買うとき、皆さん何気なく見ている数字がありますよね?「数字が高い方が強力ってこと?」そんなイメージはあるものの、きちんと理解していない方も多いはず。これもまた盲点です。

SPFとPAの違い

SPF(1~50)………日焼け、発ガンに直接関連する紫外線(UVB)から肌を守る強さ
PA(+~+++)……皮膚のくすみ、しみに関連する紫外線(UVA)から肌を守る目安

SPFの数値も一体なんだろう?と思う方もいらっしゃるかもしれません。これは、日焼けが始まるまでの時間をあらわすもの。SPF1が20分程度なので、SPF20であれば400分(6時間半程度)まで伸ばせるということ。結局、時間の違いだけで効果としては同じ=強ければ強いだけ肌への負荷はあることは想像できますよね。なので、むやみに強いものを付け続けるのではなく、日常使いとしてのもの、長時間の外出のときのもの、と使い分けるのが正解です。そして、ちょっと意識されにくいPAも、「くすみ」「しわ」といったキーワードが出てくるとドキっとしますよね笑。こちらの記号も、防止効果によって増えるわけです。

総合的には、美白美人を目指すとき、日常で気を付けたい時はPAの高いもの、海に行くときには、SPFの高いもの、などの使い分けで、お肌を守るのがベストですね!

日焼け止めは塗り方も大事!

みなさん日焼け止めの塗り方、意識したことはありますか?肌が出る面積が多くなればなるほど、それは確かに面倒でもあるので、一気に手に出して、一気に塗っていませんか?でも、日焼け止めは、ムラになると後々後悔することになりますよ!

面倒な気持ちはぐっとこらえ、やはり数回に分けてしっかりとムラなく均等に塗るのが一番。最初は少しを手にとって日焼けしやすい場所からぬり、次に二度塗りします。日焼けしやすい場所へは重ねて塗ることも大事!日中UV効果のあるパウダーファンデをこまめにつけることも大事です。

トマトジュースを飲む!?

このトマトジュース説は、皆さんご存知でしょうか?一部SNSなどでは有名なのですが、トマトは日焼けを予防する効果が見込めるということなんです。

簡単にリコピンを摂取するには、トマトジュースがおススメ♪トマトジュースであれば普通に美味しくて健康にもいいですし、習慣にするのもいいですね!

洗顔しすぎない!

さて、日焼けした肌だけでなく、肌のこすりすぎ、すすぎすぎは、老化の原因でもありますから、
ごしごしと顔を洗うのはNG!夜朝泡で洗顔してケアしてくださいね。ちなみに、眠っている間、お肌は汗をかきますし、余分な老廃物もついているので、朝も「こすらない」洗顔は大事です。その上でしっかり紫外線対策をしましょう。

お風呂につかる!

これはよくタレントさんなどもおっしゃっていますが、お風呂習慣もまた大事な美容術といわれますよね。リンパの流れをよくし、老廃物を排出するのにも効果的なのはよく言われますが、美肌の元のタンパク質を増やしてお肌のハリを維持するのにもってこいということですから、実践しない手はない!

いかがでしたか?習慣にしてしまえばそんなに難しくないという方法ばかり。表に出ている部分は特に年齢が見える場所ともいいますし、日ごろのケア、大事にしたいものです。お客様へのアドバイスとしてもぜひお伝えしてみてくださいね。

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

PAGE TOP