ネイリストの求人・仕事トップ/ネイル/ネイリストの仕事術/対策が肝心!ネイリストを悩ませる職業病とは
ネイル
2016.02.09

対策が肝心!ネイリストを悩ませる職業病とは

ネイリストは、今とても人気がある職業でもあり、美を追求される女性の需要を満たしてくれる職業でもあります。
しかし、長時間座りっぱなし、かつ細かい作業をおこなっていくこともあり、職業病というところでいいますと、気になるところがあります。
ネイリストの方の悩み、主な職業病をご紹介いたします。

座りっぱなしが引き起こす、肩こり・腰痛

ネイリストさんは何といっても座っている時間がかなり長い職業になります。そうなってくると悩まさせることが多くなるのは腰痛や肩こりですね。
施術中は座りっぱなしに加え、指先への施術で細かい作業になるので前屈みでの姿勢になっていることが多くなります。

仕事中に体を動かせない分自宅に帰ってから何か運動をと言いたいところですが、仕事終わりとなるとかなり遅い時間になることもしばしば。
帰ったらお風呂にはいってもう寝る時間!というかたも多いのではないでしょうか。
かと言ってあまりに腰痛や肩こりがひどくなってしまっても仕事に支障が出てしまう場合もあります。
気軽に行える対策としては通勤や帰宅時には、一駅分電車には乗らずできるだけ歩くようにしてみましょう。
練習の時間もあるとは思いますが、休みの日には思い切ってジムに行ってみるなどして運動を取り入れるようにしてみましょう。

ネイル用品に囲まれた環境でのアレルギー

アレルギーをお持ちの方ですと、ネイル用品などでアレルギーを起こしてしまうこともあります。元々アレルギーを持っているという方は事前に病院へ行ってネイル用品の中にアレルギー物質となるものがないかを検査してもらうのが良いでしょう。

また現在はアレルギーではないというかたでもまれに症状が出てきてしまう方がいます。原因として上げられるのはいくつかありますがジェルネイルをする時に使用するアセトンであったりジェルを硬化するのに必要なUVライトもアレルギーの原因となることもあるようです。
使用していて体に異変を感じたらすぐに病院を受診すれば対策出来る薬などを処方してもらうということもできますからまずは医師に相談してみることから始めてみましょう。

長時間の細かな作業からくる目の疲労


最後に、ネイリストは目を酷使する仕事でもありますので、視力の低下であったり、目を使いすぎたことによる頭痛も職業病としてあげられます。
はじめのうちは目が少しかすんできたりというような症状であまり気にされない方も多いとは思いますが、放っておくと将来的に視力の低下を招く恐れもあります。

細かい作業で酷使してしまった目にはかなりの疲れが溜まっていることになります。
目が疲れているとそのうちに頭痛がしてきた!なんて体験をしている人もかなりいるのではないですか?頭痛の他にも肩こり等、目の疲れは体の様々な機能に影響してしまいます。

一日使った目の疲れを翌日に残さないためには、ホットタオルを目の上に載せて軽くマッサージしてあげるというのも効果的です。
またブルーベリーなどのサプリメントを飲むことで、目の疲れが癒やされることもあるもで実践してみて下さい。

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

PAGE TOP