ネイリストの求人・仕事トップ/美容/女性の味方!エネルギーに代わる太りにくい甘味料とは?
美容
2016.08.23

女性の味方!エネルギーに代わる太りにくい甘味料とは?

shutterstock_60567583

甘いものは大好き!でも太るのが怖い…そんなジレンマを抱えている女性は多いでしょう。

実は、食べてもエネルギーに代わってくれる甘味料もあるんです。甘いものを食べるなら、少しでも太りにくい方が良いですよね。

美容に気を遣う女性ならぜひ知っておきたい、甘味料のあれこれについてご紹介します!

上白糖は実は体を冷やしてしまう…

shutterstock_152400632

スイーツと言えば砂糖。砂糖と言えば、真っ白な上白糖を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。上白糖はお菓子だけでなく、料理にも使われる一般的な砂糖です。

しかし、様々な種類がある砂糖の中でも、特に太りやすくなる砂糖だと言われています。

上白糖が太りやすい理由①

それは上白糖が、人工的に精製されたものだからです。上白糖をはじめ、黒糖やきび砂糖の原料はサトウキビです。サトウキビは植物であるため本来なら様々な栄養素を含んでいますが、上白糖に精製するとミネラルやビタミンが失われてしまいます。

すると腸で糖分が吸収されにくくなるため、一気に血糖値が上がってドロドロ血になってしまうでしょう。ドロドロ血になると、血流が悪くなって末梢神経まで充分な血液が届かなくなります。これが上白糖が体を冷やしてしまう大きな原因なのです。

体が冷えると、代謝が悪くなって太りやすくなります。冷えはダイエットの大敵ですから、できるだけ避けたいところですよね。

上白糖が太りやすい理由②

また人工物である上白糖は、体内で分解・吸収する時に大量の消化酵素が使われます。エネルギー効率が悪くなり、脂肪を蓄えやすい体質にします。更に上白糖によって血糖値が上がると、体が血液中の糖分を脂肪として蓄積しようとします。

太るスイッチが入ってしまうので、炭水化物などの糖質も体脂肪になりやすくなるでしょう。

上白糖は水に溶けやすく値段も安いため、様々なお菓子・料理に使われます。この機会に普段使いする砂糖を見直してみるのも良いでしょう。

自然由来のものなら栄養価も高い

shutterstock_251766751

では、どんな甘味料なら太りにくいのでしょうか。

それは、なるべく精製されていない、自然のままの甘味料です。天然素材のものなら、ミネラルやビタミンも摂取することができます。

世の中には「希少糖」と呼ばれる砂糖が存在します。希少糖とは、その名の通り獲れる量が少ない希少な砂糖のこと。カロリーは少なく血糖値も上がりにくいのに、甘味はきちんと感じるのが特徴です。

近年では様々なお菓子やジュースにも使われるようになりました。たとえば虫歯予防ガムなどに使われているキシリトールも希少糖の一種です。このように、自然由来の甘味料ならカロリーが低い上に栄養価が高く、様々な効果も得られます。

では具体的にどんな甘味料があるのかご紹介しましょう。

黒糖

上白糖と同じくサトウキビが原料ですが、上白糖と違ってカリウム、カルシウム、マグネシウムといったミネラルや、ビタミンB1、B2、B6が豊富です。ミネラルにはむくみ解消効果が、ビタミンには美肌効果があるため、美容面も気にしながらダイエットする方にぴったり。また整腸作用もあるため、便秘解消効果も期待できます。

てんさい糖

寒冷地で獲れる「てんさい」というアカザ科の植物から抽出した砂糖です。ビタミン・ミネラルが豊富なだけでなく、体を温める作用があるため血糖値の上昇をゆるやかにできます。血糖値が上がりにくいと、甘いものも少量で満足できるでしょう。また、ダイエット効果・便秘解消効果の高い天然のオリゴ糖を含んでいることでも有名です。

はちみつ

甘みは強いですが、実は砂糖よりもカロリーは低め。少量で充分な甘みを感じることができます。またはちみつも血糖値の上昇がゆるやかなため、血糖値をコントロールしやすいでしょう。そして短時間でエネルギーに代わるため、朝食や疲れた時にもオススメです。

メープルシロップ

カエデの樹液から作られるため、ミネラルが豊富です。特にカルシウム含有量が高く、はちみつの約40倍もあります。また若々しいお肌を保つために欠かせない抗酸化作用も持っているため、美容効果も期待できます。

何事もほどほどがちょうどいい

shutterstock_261656789

当たり前ですが、いくら自然由来の体に優しい甘味料だからといって、カロリーがまったくないわけではありません。「太りにくいから」と調子に乗ってたくさん食べれば、その分脂肪になってしまいます。

また、素材によってはたくさん食べることでお腹がゆるくなってしまうことも。あくまでも「どうせ食べるならこっち」という程度にとどめておきましょう。

いつものものを置き換える

とはいえ甘いものをまったく食べないのもストレスになってしまうもの。何事もほどほどが肝心です。普段使っている精製砂糖を天然の甘味料に変えるだけでもダイエット効果が期待できますから、できる範囲で試してみてください。

料理に使う砂糖をてんさい糖にする、コーヒーに入れる甘味料をはちみつにするなど、自分なりに工夫してみましょう。天然の力を過信しすぎず、うまくダイエットに取り入れることがポイントです。

 

いつも使っている砂糖を変えるだけでダイエット効果があるなら、こんな簡単なことはないですよね。素材によっては美肌や便秘解消などの美容効果も得ることができるので一石二鳥です。

今回ご紹介した内容を参考に、ぜひ好みに合わせて甘味料を選んでみてください。

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

PAGE TOP