ネイリストの求人・仕事トップ/健康/夏日が続く毎日!体を冷やす食べ物・飲み物の摂りすぎに注意!
健康
2016.07.10

夏日が続く毎日!体を冷やす食べ物・飲み物の摂りすぎに注意!

shutterstock_404145367

夏日が続く毎日には負担がかかりがちで、つい冷たい食べ物、そして飲み物を摂取しがちです。

しかし、あまりこういった身体を冷やす食べ物や飲み物を摂りすぎると、さまざまな症状にもつながりかねません。このため注意が必要です。

つい食べ過ぎてしまうと、危険!

夏日が続き、暑い日が続きがちだと、冷たい食べ物や飲み物をたくさん摂りすぎてしまうことも多いと思います。喉が渇くから、少しぐらい良いだろう、と思いついつい摂りすぎてしまいますよね。しかし、あまり冷たいものを食べすぎて、身体を冷やしすぎてしまうと、さまざまな悪影響を及ぼしてしまいます。

たとえば、お腹を壊してしまったりなどにもつながりますし、冷たい食べ物を食べすぎることで、消化器官などの内臓の働きが落ちてしまいます。そのため、食欲不振や夏バテにもつながりますし、また下痢などの症状を引き起こしてしまう恐れもあります。冷たいものの摂りすぎには十分に気を付けなければなりません。

冷たいアイスクリームの摂りすぎは危険?その理由とは

暑い日が続くと、冷たいアイスクリームや、またジュースを摂りすぎてしまうこともあると思います。しかし、冷たいアイスクリーム、またはジュースには、糖分が多量に含まれています。そのため、あまり摂りすぎてしまうと、体内では糖分過多となってしまいがちになります。

糖分過多となると、疲労感やイライラ、または集中力の低下などにつながります。また、砂糖を摂りすぎてしまうと、糖質を代謝するため、ビタミンBを消費します。このため、ビタミンが不足しがちとなってしまうのです。

冷たすぎると体に吸収されない

暑い日などには、キンキンに冷えた飲み物を欲する方も多く、コップで飲むお茶などに氷をたくさんいれて飲み干す方も多いです。

しかし、冷たすぎる水分は、体にも吸収されにくくなります。そのため、せっかく冷たいものを飲んでいても、その分また喉が渇いてしまう、ということにもなりかねません。そして結果的に冷たいものを飲みすぎてしまうのです。

身体によいのは、少し冷たいかな、と感じるぐらいの温度が適切です。このため、あまり冷やしすぎるのはよくありません。身体を温めると、内臓の働きが上がり、免疫力もアップしたり、あるいは美容にもとても良いです。

 

夏の暑い日などに、冷たい食べ物をたくさん摂取してしまった場合には、後で温かいお茶などを飲んで内臓を温めるなど、工夫をすることが大切です。夏バテに悩む人も、冷たい食べ物、飲み物の過剰摂取には十分注意しましょう。

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

PAGE TOP