ネイリストの求人・仕事トップ/ネイル/ネイルの仕事・将来性/働きながらネイリストを目指す。社会人ならではの着眼点とは?
ネイル
2017.03.09

働きながらネイリストを目指す。社会人ならではの着眼点とは?

ネイリストを目指す人の中には、社会人の方も多いもの。確かに、また学生に戻り、専門学校からスタートするとなると相当なお金と時間も必要になるため、それを見越した貯金があるか、もしくは定期的に安定した収入を得ながらでないと現実問題厳しい面もあるのも確か。実際、どんな風にやりくりしているのかを、実際ネイリストを目指すAさん(アパレル店勤務26歳)、Bさん(不動産関連業30歳)お二人に伺ってきました。

お2人の経歴と、現在どうやってネイルの勉強をされているのか教えてください。

Aさん:もともとネイルが好きではあったのですが、同じように好きだったアパレル業に進んで早5年ほどになります。仕事は楽しいですし、自分にも合ってはいるのですが、少し将来も見据えて手に職もつけたいな、という思いで独学でネイルを勉強し始めました。そうすると、やはり楽しくて、思い切ってスクールへ通ってみることにしました。平日休みや、シフトをやりくりして、現在は週2~3回通っています。

Bさん:私もネイルが好きである点は一緒ですね。見よう見まねの独学で、自分でネイルを楽しんでいたのですが、友人からお願いされる機会が増えてきたあたりで、やはりきちんと学びたい思いが芽生え、通信教育で勉強しています。実は資格にはあまりこだわりもなかったのですが、最初の段階で、ネイリスト検定3級はまず受かり、そうするとやっぱり嬉しいもので、2級を目指して今も勉強中です。

それぞれ、勉強しながら感じているメリットやデメリットはありますか?

Aさん:メリットは感じていますが、デメリットは感じていません。というのも、やはり社会人となり、自分で、そして自分のお金を投入してスクールに通っているくらいなので、メリットがあるという思考にならざるを得ないんですよね(笑)その分、もちろん最初はかなり慎重で、スクール選びには相当悩みましたし、資料請求も見学も5校くらいは足を運びました。

ちなみに、働いているので、重視したポイントは、フリータイム制であることはもちろん、検定保障制度、あとは、どうなるか分からないけれども、サロン開業やサロン勤務にあたってのフォロー体制まで、各社しっかり比べた上で、実際見学時に雰囲気に合うかも確認しましたね。

働きながらもうまくやりくりでき、これから資格をとるにあたっても、フォローしてもらえることが、私にとっての最大のメリットなので、今は楽しく勉強しています。

Bさん:私は、少し住んでいる場所と勤務地が離れていることもあり、物理的に一番勉強しやすかったのが通信講座でした。やはりメリットとしては、受講料が安いことと、自分の仕事の空き時間を使って、自分のペースで勉強できることですね。実は自分で受けてみるまで、私自身も通信講座のイメージはあまりよくなかったんです笑。でも、今の通信講座は本当にサポートもしっかりしていていてびっくり。Aさんのおっしゃったような、スクールの保障制度と同じ保障が受けられたり、検定などは、実際のスクールに行って練習することもできるなど、手厚いんですよね。

あえて言えば、今すぐにアドバイスが受けたいな~。という事にすぐに回答してもられないのがデメリットといえばそうなのですが、それを上回るくらい、メリットを感じているので、不満もありません。ただ、若い頃だったらもしかすると一人黙々とやる通信は意思が折れていたかもしれないとも笑。このあたりはタイプにもよりますよね。

お2人とも、例えば資格がとれたとしたら、ネイルサロンに転職されたいと思っていらっしゃるんでしょうか?

Aさん:私はそのつもりなんです。最初は2足のわらじでしばらくやってみようかな、なんて思っていたんですが、やはり学べば学ぶほど、そんなに簡単なものじゃないんだということは分かってきたところです。現場でしか学べないことがあるのは今の職場でも一緒ですし、そういう意味では、現職での社会人経験も、接客業というジャンルとして強みになるんではないかとも思ってもいるんです。なんにしても、20代のうちに、あともう1ステップ今と別ジャンルで、チャレンジしてみたい気持ちもあるので、資格も最低限ネイリスト検定2級とジェルネイル検定、できればアクリルスカルプや3Dアートくらいまではしっかりとってから転職先を探そうと思います。

Bさん:実は私は、いわゆるネイルサロンで働くこと自体にはそこまで興味はないのでネイルサロンには就職しないです。現在勉強しているのは、お金を頂いて施術する以上は、サロンと同等のクオリティで提供しなければいけない、という思いがあるから資格はしっかり取りますが、実はやりたい分野があるんです。

ネイルサロンで働かないとすると、どういう選択肢があるんでしょう?

Bさん:これは社会人だから出た発想かもしれないのですが、ふとあるときひらめいて、練習も兼ねて、取引先の福利厚生としての出張ネイルをさせてもらっているんです。もちろん、ネイルの勉強をしていることや活動全般、現職でしっかり理解を頂いた上でのことです。月1回、曜日を指定してもらって、事前に予約をもらった方を3~4名ほどやらせていただくんですが、これがとても楽しいんです。こちらも練習も込みでやらせていただいているので格安ですが、普段なかなかネイルサロンに足を運べない方が、私のネイルで表情がキラキラしていくのがとにかく楽しくて。若い方だけでなく、お客様も表情がとても柔らかくなるんですよね。せっかく社会人経験もあり、現職の職場の方にも快く受け入れて頂いているので、何かこういった形での女性支援につながるような活動も視野に入れています。

なるほど、お話をありがとうございました。やはり、社会人経験があるからこその考え方や、今後に向けてのビジョンはお聞きしていて説得力がありますね。そして、皆さん自分の意思で、自分の資金で勉強しようというその姿勢がベースにあるからか、意思に強さも感じました。どういった形であれ、ネイルが好きで、極めてみたい!とスタートした勉強、ぜひ頑張って頂きたいですし、この心の持ち方はまだ若い学生さんも参考にさせてもらいたいものですね。

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

PAGE TOP