ネイリストの求人・仕事トップ/美容/作りこんだ感じのない生き生きした肌にぴったりのリップメイクとは?
美容
2016.06.13

作りこんだ感じのない生き生きした肌にぴったりのリップメイクとは?

shutterstock_113001037

リップメイクをしたいけれど、ついつい濃い印象になりがちとなってしまうという方や、リップメイクをどうしたらいいのかわからない…という方も多いのではないでしょうか?

最近では、ナチュラルメイクが人気となっており、なるべく肌になじみやすく、あまり作りこんだ感じがしないメイクが良いですよね。

そこで、美容を意識する女性に向けて、生き生きとした肌にぴったりのリップメイクの方法についてご紹介したいと思います。

毎日のメイクだからこそ、ぴったりのメイクが大切

女性にとって毎日のメイクはルーティンです。だからこそ、作りこんだ感じがしない、生き生きとしたメイクにあこがれているという方も少なくありません。

たとえば、ツヤ感のない、マットなリップなどの場合、老け顔に見えてしまうということもあります。

リップを塗りすぎてしまったり、あるいはマットに仕上げすぎてしまうと、唇のかさつき、また唇のしわなどが目立ちやすくなったりもします。また唇に潤いが足りない場合には、それだけで年齢が高い印象を与えてしまいます。

このため、リップメイクでは、生き生きとした肌にぴったりのナチュラルメイクが大切なのです。

自然に立体感を出すリップメイク

まず、生き生きとした肌に見せるためには、自然に、唇そのものの立体感を出すのがおすすめです。

そのためには、口紅ではなく、リキッドルージュなどを使用するようにしましょう。

リキッドルージュを、まずはくちびるの輪郭をしっかりと取るようにしながら、チップでつけていきます。そして、最後には中央部分に、少し重ねるようにしていきます。そうすることで、自然に立体的にリップを塗ることができます。

リップメイクで理想的な色とは?

リップメイクではどのような理想的な色が良いのでしょうか。毎日のメイクの場合、華やかで、肌馴染みが良く、また肌を生き生きと見せてくれるようなレッド系、そしてメイク感を出したいという場合にはローズ系などの色もおすすめです。

ルージュの色は、洋服などに合わせて選んでみても良いですし、またチークとバランスよく合わせてみても良いでしょう。

ダークな色合いは肌もくすんで見えることがありますので、避けた方が良い、といえるでしょう。

 

いかがでしたか?リップメイクというと、厚く塗りすぎてしまったりしがちとなっていますが、今の時代においては、ナチュラルで、肌が生き生き見えるようなリップメイクが人気です。まずはこれらのことを参考にして、リップメイクをしてみましょう。

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

PAGE TOP