ネイリストの求人・仕事トップ/生活/仕事しながらでも可能?ネイルスクール3つのタイプ
ネイル
2016.03.01

仕事しながらでも可能?ネイルスクール3つのタイプ

office-620822_640

最近ではネイルも身だしなみやおしゃれの一部として日常的に幅広い年齢の女性が行なっていることもあり、ネイル業界の需要は高まっているともいえます。

セルフネイルを楽しんでいるという人もかなりいらっしゃるようで、セルフネイル用のキットもいろんな種類のものが販売されています。

ネイルサロンでもソフトジェルを使用しているとことがほとんどで、ハードジェルよりも爪に優しいということもあってかサロンで施術をしてもらうという人も増えてきています。セルフネイルが趣味であったりする人やネイルサロンの増加にともなって、ネイルスクールも最近では増えてきています。

セルフネイルをもっと楽しみたい、自分でネイルをある程度できるようになりたい、将来的にはネイリストになって自分のお店をもちたいなど、目的に合わせて通うことができ、別の仕事をしながらでも無理なく通えるように多様な受講コースが用意されていることが大きな特徴です。

ネイルスクールに通う方法としては「全日制スクール」「単位制スクール」「通信講座」の3つに分けられます。

全日制スクール

1つ目は全日制といわれ、高校を卒業したあとにそのまま専門学校に入るような感覚で入学して受講するスタイルです。

全日制という名の通り、カリキュラムや時間割はある程度決められており、平日の日中に集中して講義や実習を数年間続けて受けて、資格を取得するという流れです。

社員で会社勤めなどしている方の場合には全日制に通うことは不可能に近いといえますが、自営業やフリーランス、夜間勤務などで日中に時間の都合をつけられる仕事をされている方でとにかく徹底してきっちり学び、技術を身に着けたいという場合はこちらでも良いかもしれません。

全日制スクールのメリット

全日制ということは毎日ネイルに触れる時間が作れます。
直接講師からの指導を受けることができ、長い時間ネイルに集中できることが最大のメリットです。

またカリキュラムが完了するとネイル検定3級は免除というように資格試験を免除してもらえるスクールもあります。

また同じコースで勉強する人たちもほとんど変わることがないので、1人で分からないことや試験勉強など励ましあいながらすることができ、心強いです。

全日制スクールデメリット

ネイルの勉強に毎日集中できるという反面、全日制スクールはやはり授業料が他の携帯にスクールに比べると高くなってしまします。

1年間の全日制講座を受けるとなると80~100万程度かかると考えておいた方が良いです。
ある程度の貯金を貯めてからスクールに通い始めるという方も多いようです。

単位制スクール

2つ目は単位制というもので、いわゆる空いた時間に好きな科目を自分で選んで受講するというスタイルです。

通い方は自動車学校における学科分野と同じで、好きな時間に必要な科目を必要回数受講することで、次の段階へとステップアップし、最終的には資格を取得できるといった流れになります。

また、開講時間も昼間から夜の22時までと長いので、仕事終わりに1~2時間受講するなど自分のペースで通うことが可能なのも仕事している方から人気の理由です。

単位制スクールのメリット

単位制なので全日制のように受講期限もなく、クラスは少人数もしくはマンツーマンであることも多いので集中して学べます。

また必要な科目や自分が身に付けたい技術の授業だけを選んで通うこともできるので、趣味でネイルを楽しみたい方や、苦手な分野がはっきりしているという人が通っている場合が多いです。

ネイル資格試験のために集中的に授業を受けるといった通い方も可能なのです。
そして単位制スクールこそ日中は仕事をしている方や、夕方以降に習い事感覚で通いたいといった方向けに設立されたものなので、立地も駅や繁華街に比較的近く通いやすさに配慮されていることが多いです。

単位制スクールのデメリット

決まったクラスでの授業は少ないので、毎回決まった講師から授業を受けることが難しいという点です。

一度習った授業の質問をしようと思ってもその時とはまた違う講師から受ける場合の方が多いため質問がある時はなるべく同じ授業内で完結できるように質問や内容をまとめておくのが良いでしょう。

通信講座

そして3つ目は通信講座です。
通信鋼材の場合は教材をメインにネイルの勉強をしていく形になります。

受けたい講座を最初に選択肢、それに沿った教材が送られてきます。受講終了までに何度か課題の提出を行うコースもあります。

通信講座のメリット

通信講座の魅力はなにより自宅でマイペースに勉強ができるという点です。
テキストと教材さえあれば職場での休憩時間や休日にカフェでまったりと勉強することもでき、スクールに定期的に通うよりも好きなところで好きな量だけ学びたいという方には向いています。

費用も他の形態のスクールよりも安く済み、申し込みもネットを使って簡単にできるので気軽に始めることができます。

通信講座のデメリット

通信講座では講師に直接教えてもらう機会が他に比べて圧倒的に少なく、実技の練習で分からないことがあってもすぐに解決できる機会がなかなかありません。

将来的にネイルを仕事にしようと思っている場合にはやはりスクールに足を運んだほうが吸収できるものが多いかもしれませんが、趣味で学ぶ場合にはこちらでも十分といえます。

 

スクールごとに費用や就職や独立支援の体制も異なるので、自分に合った勉強方法を見つけて、日常生活や仕事に支障を出さない程度に継続して通えることが何より大切といえます。
スクールを選ぶ際には事前に資料請求をしたり、体験入学などを利用するのも良いといえます。

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

PAGE TOP