ネイリストの求人・仕事トップ/ネイル/ネイルスクール・資格/ネイル検定2級のネイリストがサロンオーナーになるまでの道のり
ネイル
2016.07.15

ネイル検定2級のネイリストがサロンオーナーになるまでの道のり

shutterstock_376542883

現在、ネイリストという職業が注目されています。自宅でも開業でき、主婦でも仕事をすることができ、何より女性の爪を輝かせるという魅力的な仕事であることから、その人気は絶えません。今回は、ネイル検定2級のネイリストがサロンオーナーになるまでの道のりをご紹介します。

ネイルサロンの開業資金について

ネイルサロンをどのような形態で営業するかによって、開業資金は違ってきます。
自宅の一室を使ってネイルサロンを行う場合、内装にこだわらない限り必要最低のものさえ揃えれば、開業が可能となります。

また、商用マンションの一室を借りて開業する場合は、別途賃料が必要となります。材料費、ネイル用のデスクなどの什器等を合わせても50万~100万円程度で開業できます。

一方店舗型のネイルサロンは、高額な開業資金が必要となります。看板を出したり、目立つような店構えにすることが必要となってきます。テナント賃料になるので、マンションよりも高くなります。目安として300万~1000万前後は用意しておきましょう。

お給料を理解する

ネイル検定を受けて合格をもらったら、いつかは自分のサロンを作りたいと考えている方は多いことでしょう。そこで、気になるのがお給料についてですよね。独立開業したからといって、突然お給料が高くなるわけではありません。例えばメディアなどで取り上げられると、宣伝効果で大きな収益を上げることになります。

しかし、サロンを維持するだけで精一杯という方もいらっしゃいます。サロンを開業するのであれば、経営者としての能力も求められます。単純にネイルの技術があれば良いというわけではありません。うまく経営をすることができれば、年収1000万も夢ではありません。

大事なのは、ネイリスト自身の理想のサロンを創ることです。しっかりとコンセプトを決めて営業すれば、自然とお客様も増えて、安定した収入を手に入れることができます。

その他の準備

資金を貯め、サロンオーナーになるための経営者としてのノウハウや、サロンのコンセプトなどを確立したら、あとは実際に行動をする必要があります。必要なことは以下の通りです。

・ネイル材料や、材料を入れる棚、テーブルと椅子など、仕事をする上で必要なものを揃える。
・お客様をおもてなす空間を創る。
・催促物を用意する。チラシやポイントカードを用意すると良いでしょう。

 

いかがでしたか。夢のサロンオーナーになるには大変な道のりですが、手に入れてしまえば仕事がワクワクしますよね。

努力して夢のサロンオーナーを目指しましょう。

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

PAGE TOP