ネイリストの求人・仕事トップ/ネイル/ネイルスクール・資格/ネイルスクールの授業内容と授業時間
ネイル
2016.02.25

ネイルスクールの授業内容と授業時間

ネイルスクールとは名前の通りネイルアーティストなどの寝入る関連の職業や資格・検定取得のための講義や実技を教えている専門学校のことを指しており、どの検定を目指しているのか、どの程度のネイルアートを勉強したいのかというそれぞれの専門学校にある学科によって授業内容や授業時間のトータルなどが異なっています。

授業時間や内容は?

ただし追加で勉強したい講義がある場合や実技がある場合は例外となっている事もあり、その授業内容としてはネイルに関する基本的な歴史や技術面・基礎知識などを学ぶほか、ネイルアートをする上で欠かせない爪に関する知識や病気に関する内容、そしてネイルアートに使用する薬剤に関する知識、カウンセリングに関する講義などを受けます。

それにプラスしてそれぞれの講義に関連する実技が入ることが多く、短時間で多くの知識や技術を身につけることが目的となっているようです。

目指すレベルによって授業のコースは様々

そしてこの基本的な学科のほかにも、それにプラスしてジェル・アクリルでのイクステンションの基本を学ぶ学科やプロネイリストとして不可欠なイクステンション技術も取得できる学科があるなど、自分がどのレベルのネイリストを目指すのかによっていくつかコースがありますし、前者の場合は授業時間の平均が180時間、後者の場合は350時間と授業にかかってくる時間も当然延びていきますし、授業内容に関してもより詳しい内容や実技に関してもレベルの高いものを要求されるようになるため、実技に関する時間も多く割り振られているというところが特徴となっています。

検定向けのコースもある

そしてこれら以外にも設定されているコースとして、検定対策のためのコースというものが存在しています。

これは上記のコースで勉強していることが前提となるため、検定に合格することを目的としたコースとなっているというところが大きな特徴です。なのでそれぞれのコースから追加で受けるという生徒も多くなっており、それぞれどの検定を受けるのかによって授業内容や授業時間が異なっています。

これに関してはネイルスクールによっても時間のかけ方が異なっているのですが、いずれもあくまで検定に関する講義が中心となっているので基本を押さえた応用・対策に関する授業が中心になっているのがポイントです。

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

PAGE TOP