ネイリストの求人・仕事トップ/ネイル/ネイリストの仕事術/ネイリストはお客さまとのコミュニケーションも大切
ネイル
2016.04.21

ネイリストはお客さまとのコミュニケーションも大切

ネイリストの仕事にコミュニケーションは欠かせません。
ベーシックなネイルケアからデザインネイルなど、メニューもさまざまなネイルサロン。施術内容によって短くても30分、長いと2時間以上になることもあります。

また、ウエディングパーティのためなのか、日常生活でのオシャレなのか、など、用途や状況、爪の状態によっても提案できる内容は変わってきますよね。

ネイリストは技術も必要ですが、それよりもまず、お客さまの要望・イメージを的確につかまないと満足してもらえません。
だからこそ、コミュニケーションはとても重要なのです。

お客様の要望を聞き出す

ベーシックなネイルケアをはじめ、ジェルネイル、アクリルネイルとメニューが豊富なネイルサロンでは、それらについて分かりやすく、しっかりと説明できなくてはなりません。

お客様によってデザインの要望であったりネイルに関するお悩みは様々なのでそれに合わせてアドバイスや施術をしましょう。

デザインはサンプルから選びたい方

HPに載せているサンプルをみて来店された方や、初めてネイルをするという方ですとネイルデザインはサンプルの中から選びたいという方は特に多くいらっしゃいます。サンプルからという時でもただ選んでもらうだけではなく、希望の色や、なりたい雰囲気といった大体のイメージを聞いてみましょう。そこに合わせてアドバイスや提案をしてあげると、お客様の方も自分の要望を言いやすくなりますし、満足度も高まります。

やりたいデザインが決まっている方

サンプルからではなく、もう自分の中で「このデザインがやりたい!」と決めて来ているお客様に対しては、デザインに関するアドバイスをするというよりはなぜこのデザインにしたいのかということを聞いてみる方が良いでしょう。

そこから「実はデートのために」といった話題が出て来て話も広がるようになります。話が弾んでくればリピーターになってくれることもあります!

ネイルに関する悩みがある方

ネイルに関する悩みというのは爪の形や爪がすぐに薄くなってしまう、折れやすい、という内容が多いようです。

そのような相談があるときは、まずは爪の状態について説明してあげましょう。爪割れやすいという場合はなるべく削らない施術が可能なジェルを進めてみてみるのも良いでしょう。

施術時間は長時間になることも

デザインアートなどが必要な場合、お客さまの滞在時間は2時間以上になることも。手をマッサージしたり、手に触れてネイルを施したり、ネイリストはお客さまに直接触れる仕事です。

そのため、デザインに集中してしまい、無言で黙々と仕事を進めてしまうと、お客さまは不安になってしまうかもしれません。

さらに、施術中にお客さまと適度にコミュニケーションを取ることができれば、好みや考え方、ライフスタイルといった、デザインや施術後のネイルケアの提案の参考になる情報を得ることもできます。

また、お客さまも楽しい会話、良い雰囲気で施術してもらえば、「また次もこの人にお願いしたい」と思うでしょう。

ただ話を聞くだけでもOK!

「コミュニケーションに自信がない」「お客さまの希望を聞き出せる自信がない」という人でも大丈夫です。
多くの女性は、話を聞いてもらうのが大好きなもの。ネイルに関する悩みや不満だけではなく、最近ハマっていることや、仕事、家族などお客さまが話したいことを話せる雰囲気を心がけましょう。

ネイリストはそれを邪魔せず、聞いているだけでもOK。話のなかにデザインに参考になりそうなエピソードやイベントの情報が出てきたら参考にすれば良いのです。

いかがでしたか?ネイリストはお客さまと1対1の接客業だからこそ、コミュニケーションを大切にする必要があります。

その満足度が次回のご来店、そしてリピーター獲得へとつながるのです。
ネイルの技術やアートセンスだけではなく、コミュニケーション能力も磨いて、よりお客さまに満足してもらい、必要とされるネイリストを目指しましょう。

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

PAGE TOP