ネイル
2016.06.18

ネイリストの現状と将来性

shutterstock_263096690

ネイルアートは今女性を中心にかなり人気が高くなってきています。
それに合わせて、自分でネイルをしたいという方やネイリストとして働きたいと考えている方は年々増えてきてネイリストは現在人気職業の一つとなっているのです。

将来ネイリストとして働きたい、ネイリストへの転職を考えているという方は資格獲得のために勉強もしているという場合が多いのではないでしょうか。

また独立して自分のお店を持ちたいと考えている人もいらっしゃいますよね。
そんな人気の職業であるネイリストですが、その現状と将来性についてご紹介をしたいと思います。

ネイリストの現状とは?

ネイリストの仕事は、女性の人気の職業として、今は注目されている職種です。
最近では、ネイリストの養成学校なども次々と開設され、技術を習得する方も増えてきています。

また、ネイルサロンの数も以前よりも増加しており、ネイリストの需要は増えているといえるでしょう。

しかしネイルサロンが増えているということはライバルとなるサロンの数が増えているということでもあります。

価格競争で施術料が下がってしまうと使用できるジェルなどのネイル用品も使いたいものを使うことが難しくなる場合もあるのです。
そうならないためにもどれだけお客様に喜んでもらえるか、新しいデザインや人気デザインを生み出すことができるかというのも課題ではあります。

またネイルサロンは、華やかな仕事であり、ネイルサロンに行ったことがある人は、華やかで魅力的な仕事だというイメージを持っている方も多いでしょう。

しかし、ネイリストの仕事の大半はネイルアートですが、そのほかにも接客の仕事がメインとなります。なので、ネイルが好きでもともとやっていた、という人以外でも接客業で働いていた人や人と話をするのが好きな人もネイリストに向いているとも言えます。

実際ネイリストさんに聞いてみてもネイリストになる前の職業は飲食店、美容部員、アパレルなど様々な職業から転職したという人は多いです。

ネイリストの大変さと楽しさ

ネイリストは、技術力が物を言います。また、自分がネイルアートをすることが好きであれば、ネイリストの仕事は、天職であるといえるでしょう。しかし、ネイリストには大変な面もあります。
ずっとネイルアートをしているので、ネイルが好きなら大丈夫だろう、と思われがちですが、実は長い間同じ作業を集中して行うのは、精神的にも肉体的にも大変な作業なのです。
また、ネイルサロンは、少人数で経営されていますので、在庫の管理や道具の管理、または店内の掃除などをすべて行わなければならないことも多く、顧客管理や営業も行う必要があるお店もあります。
こうやってみているとネイリストって大変なことばかりなのかな?と思われがちですが、ネイリストとしての楽しさややりがいはやっぱり、「お客さんに喜んでもらえる」というのが大きいのです。キレイなデザインや似合うデザインを施術してあげることができれば喜んでもらえますし、また次も任せてもらえるようになるのです。
そしてネイリストとしての目標も様々な形で持つことができるのです。まずは指名をもらうことからかもしれませんが、ゆくゆくは店長や独立してというようになりたい自分に合わせて働くことができるのです。

ネイリストの将来性について!

ネイリストは、現在では人気の職種となっていますし、芸能人やモデルの方が、ネイルアートをしているのを見て、一般の方もネイルをするのが常識となっています。このため、今後もネイリストの需要は増え続けていくといえるでしょう。
さらに今ネイリストが活躍しているのは日本だけではありません。
海外でも日本人が施す細かいネイルアートの技術が注目されていて、ネイルアート展が開かれるなどかなり需要が高まっているのです。

しかし、ネイリストは実力主義の世界でもあります。技術力のあるネイリストは、人気のネイリストとして、ステップアップをしていくことは可能ですが、自分で努力をしないと、給与なども上がらないというケースもあります。
このため、自分自身でネイルアートの技術などを深め続けていき、お客様から必要とされるネイリストにならなければいけません。

いかがでしたか?ネイリストの仕事は、華やかな反面、大変な面もありますし、実際に働いてみると、イメージとは違うことなどもあるかもしれません。
しかし、いま人気の職業であり、将来性も高い職業であるといえるでしょう。

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

PAGE TOP