ネイリストの求人・仕事トップ/ネイル/ネイリストの仕事術/ネイリストに必要な「お客様がイメージしているデザインを形にする想像力」
ネイル
2016.04.05

ネイリストに必要な「お客様がイメージしているデザインを形にする想像力」

ネイリストの仕事は、お客様の要望を聞くことが多くあります。
お客様の方も、自分で調べたり気に入ったりしたものを、ネイリストの元に持ち込んで自分のネイルにデザインしてほしいと思っている方が多いからです。

サンプルの中から選ぶ方が良いという方ももちろんいらっしゃいますが、長くネイルをしている方になるとある程度自分の好きなデザインやお気に入りのデザインというものがあったりして、それを持ち込んでの施術を希望されることが増えてくるのです。

そのためネイリストには、お客様のイメージをしっかりくみ取って、形にしていくという能力も求められます。

想像力を広げてお客様の要望を確実に把握する

「イメージを形にする」と一口に言っても実際におこなうことは難しいですし、なかなか想像もつきにくいですよね。

お客様にイメージを伝えていただく際にはお客様にこと細かく話してもらうだけでなく、ネイリストの方も想像力をしっかり働かせるようにしましょう。

また予約を受けた時点でやりたいイメージやデザインがあるというお客様であればイメージ画像などをいただいておくのが良いでしょう。そう言った事前の確認を行うことによって来店された時に初めて聞くよりもスムーズに施術に入れます。

持ち込みのデザインでイメージしたネイルをしてほしいと言われた時はお客様が今しているネイルや服装を観察しながら、お話をしっかり聞きましょう。そうして言葉以外の情報からも想像を広げることが大切です。

色や形はわかりやすくても、具体的な言葉にするのが難しいニュアンスの部分を形にすることが、ネイリストの本領を発揮する場面でもあります。それができるよう、まずはお客様の要望をきちんと把握しましょう。

デザインを形にするために日頃から技術を磨いておこう

デザインを形にすることは頭で考えているだけではできません。お客様のイメージが理解できたなら、次はそのイメージをデザインとしてお客様のネイルへ落とし込まなくはなりません。

しかし、ネイリストさんできるデザインが限られていたり、苦手なデザインがあったりするとせっかくお客様がやりたいと言ってくれたデザインでも断らなくてはいけなくなってしまし、お客様を満足させることも難しくなります。

そのため、日頃からいろんな種類のデザインを自分の目で見て、実際にデザインとして制作してみることが重要です。

そうすることでネイリストとしての知識も増え技術面でも上達できます。
お客さまとしても思い通りのデザインで施術してもらえたら満足度も高くなりますし、この人に任せれば自分のやりたいデザインをしてもらえると思ってくれればリピートして通ってくれるようになるかもしれません。

ネイリストの努力の積み重ねが、お客様との良好な関係にもつながるのです。

コミュニケーションから生まれる信頼関係

お客様とコミュニケーションをしっかりととることも、イメージを形にする上では重要なことです。ネイリストに限らず、人のイメージをくみ取るということは非常に難しいことです。

普段友人との会話の中でもなかなかイメージとして伝えづらいというようなこともありますよね、普段気を許している友人との間でも難しいことなのに、ネイリストとお客様という関係であるとイメージを掴みにくいというのは仕方のないことなのです。

だからと言って、間違っても「お客様の伝え方が悪いから、わからない」などと言ってはいけません。しっかりと言葉を交わしてお客様のことを知ろうとする姿勢が重要です。

そのために、お客様が話しやすい雰囲気を作ることも大切です。
お客様のイメージを形にすることができれば、あなたのネイリストとしての評価や評判はグッと上がることになります。

お客様としてはイメージ離れした高い技術力を提供されるより、望んだ通りのデザインになることの方が、喜びを覚えてもらいやすいものです。

あなたの知識量と技術力が上がれば上がるほど、望み通りのデザインを形にすることができるので、お客様もあなたの元へと自然に集まります。
そのためにも日々デザインの知識を蓄え、実践を続けていきましょう!

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

PAGE TOP