ネイリストの求人・仕事トップ/ネイル/ネイリストになるには/ネイリストになりたい!まず何をしたらいい?
ネイル
2016.04.12

ネイリストになりたい!まず何をしたらいい?

爪のケアをしたり、ネイルアートを施したりするのがネイリストのお仕事。他人の手や爪に施術することで収入を得るわけですから、一定の技術や知識が求められます。

「ネイリストになりたい!」、そんな方はまず何から始めれば良いのでしょうか?

ネイリストになるには資格がいるの?

プロを目指すには、まず勉強が必要ですが、実は、日本国内においては特に資格がなくてもネイリストを名乗ることは可能なのです。
極端な話、自分の技術に自信があれば「わたしはネイリストです!」と言うことはできます。しかし、それだけではサロンへの就職や、お客様に信頼してもらうのは難しいのが現実。

一定の知識や技術があることの証明として、サロンへの就職の際は「ネイリスト検定2級以上」を条件として掲げているところが多くなっています。資格検定で出題されるのは、ネイリストとして知っておかなければならない基本的知識ですので、まずは資格取得を目指しましょう。

ネイリスト検定試験の種類

ネイリスト検定とは、公益財団法人日本ネイリスト検定試験センターが主催する、ネイルの正しい技術と知識の向上を目的とした、実践に役立つ検定です。1級~3級の3段階に分かれており、内容は以下の通りとなっています。

1級

トップレベルのネイリストとして必要とされる総合的な技術及び知識。

2級

サロンワークで通用するネイルケア、リペア、チップ&ラップ、アートに関する技術及び知識。

3級

ネイリストベーシックのマスター。ネイルケア、ネイルアートに関する基本的な技術及び知識。

前述したように、2級取得を就職の際の条件としているところが多く、中には1級を条件とするサロンも。2級の受験資格は3級取得者のみ、1級の受験資格は2級取得者のみなので、まずは3級取得を目指しましょう。

通信講座よりもスクールが効果的?

資格取得を目指して学ぶ方法はいくつかありますが、実技をともなう資格ですので、通信講座ではやや不安が残るかもしれません。
スクールの場合、就職までサポートしてくれるので、1日も早くプロのネイリストとして活躍したい人にとっては近道となります。
仕事や家事、子育てで忙しい方には、夜間スクールや単位制のスクールもありますので、パンフレットを取り寄せるなどして、複数のスクールから比較してみることをおすすめします。

プロのネイリストへの道のりは、しっかりと基礎的な知識と技術を身につけることがまず第一歩です。道のりは長く感じられるかもしれませんが、努力なしにはネイリストへの道はひらけません。

また、一定の技術に加えて感性も必要なお仕事なので、ファッションや流行に対してアンテナを張ることも意識したいですね。

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

PAGE TOP