ネイリストの求人・仕事トップ/ネイル/ネイリストになるには/ネイリストとしてネイルサロンで働く方法
ネイル
2016.05.25

ネイリストとしてネイルサロンで働く方法

shutterstock_352647989

美容室やエステティックサロン、化粧品販売など様々な活躍の場があるネイリストですが、やはり最も代表的な職場は、ネイルサロン。

ネイルサロンで働く方法とともに、ネイルサロンで求められるスキルについて紹介します。

様々な形で募集されるネイリスト

ネイリストと言っても通常の仕事と同じで、一般に募集されています。中にはネイルの知識は入社してから身に付けることができる会社もあります。しかしできれば事前に資格を取得するなどをおすすめします。

理由は、そういったスクール内や資格を認定してくれる認定団体向けに求人を出すネイルサロンも少なくないからです。

ネイルサロンのネイリストに求められるものとは?

なぜネイルサロンがこういった団体に求人を出すかと言うと、それは、技術はもちろん、モチベーションの高いネイリストを獲得したいからです。

わざわざネイルサロンに足を運んでくださるお客様は、当然美容に対して意識の高い方が多い傾向にあります。そのお客様に満足できるサービスを提供できる技術力はもちろん、ネイリストとして努力ができるモチベーションの高さが必要なのです。

ネイルサロンに訪れるお客様は美容室などですすめられたついでに、「せっかくだからネイルもしてもらおうかな」という方ではなく、積極的に「ネイルをきれいにしてほしい!」と美を求めて来店されます。そのため求められる技術も比較的高いものとなります。

お手入れはもちろんのこと、アートやチップなどをするお客様の数が多いのも特徴です。そのため技術だけでなく自分のセンスを磨く必要がありますが、その分やりがいがあるのも事実です。

技術だけじゃない!会話も大事なスキルです

また、お客様の中にはネイリストとのおしゃべりを楽しみにしている方も多くいらっしゃいます。美容に対して積極的な方も多いため、身近な美の専門家として意見を聞きたいと思っているお客様もいらっしゃいます。

だからこそ、ネイリストはいつでも新鮮な情報を取り入れ、分かり辛い用語を説明できるスキルが必要です。

毎日インターネットや新聞などを利用し、ニュースなどから情報を取り入れましょう。美容・ネイルに関することはもちろんですが、どんなお客様とも楽しい会話ができるよう、様々なジャンルの情報を知っておくことが大切です。

技術だけでなく、会話でもお客様を楽しませられてこそ、ネイルサロンで働く一人前のネイリストと言えるでしょう。

 

最近では様々なネイルサロンがあります。高級サロンもあればお手頃価格でネイルのサービスを受けられるサロンもあり、店舗のスタイルは多様化しています。

求められるものはそれぞれのサロンによって異なりますが、お客様を楽しませ満足してもらえるよう努力することは、どこのネイルサロンでも変わりません。ネイルサロンで働くには、技術だけでなく会話力も高め、より一層お客様の満足度を高められるように努めましょう!

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

PAGE TOP