ネイリストの求人・仕事トップ/生活/ジェルネイルの資格取得方法や期間について
ネイル
2016.02.25

ジェルネイルの資格取得方法や期間について

ジェルネイルの資格試験はさまざまなものがあります。その中でも広く認知されているのが日本ネイリスト協会・JNAが主催するジェルネイル技能検定です。

試験は初級と中級と上級とがあり、基礎的な知識と技術を持ちたいのであれば初級でも充分ですが、ネイルサロンで働きたいというのなら中級程度までは持っていたほうがよいでしょう。

効率的な取得方法は?

初級は合格率が高いものの、上級ともなるとトップレベルの知識や技術の習得が必要となり、合格率はかなり低くなります。いずれにしても独学で学ぶよりもスクールに通うほうがおすすめです。

スクールに通うことで必要な知識を効率よく習得することができますし、同じ目標を持った仲間たちと夢に向かって頑張れるのでやる気も起こります。プロの講師の技術力が見られるとともに、就職する際にもスクール講師のコネクションは役に立ちます。

働きながらの取得は可能?

働きながら勉強したいという場合は夜間のスクールに通ってもよいですし、通信教育で学ぶというのもよいでしょう。通信講座なら自分が好きな時間に学習できますし、DVDなどもついていればプロのやっている様子を何度も繰り返し見ることができます。ネイリストは人気のお仕事のため全国に多くの学校がありますが、それでも通える範囲にないのであれば通信を利用すればわざわざ行く手間が省けます。

しかし、働きながら夜間にあるスクールに通ったり、育児の合間に通信講座で勉強したりとなると普通にスクールに通うのに比べるとそれなりに学習スピードは遅くなります。上級の資格で最短で1年ほどを考えておいたほうがよいでしょう。

試験の回数は年に何回かそれぞれのレベルで決まっています。どんなに早く初級が取れたからといって、中級の試験が行なわれるまでの期間はただ勉強しているしかありません。ただ、すべての試験を一発合格で通れる人のほとんどはスクールに通っている人たちです。資格検定対策をしっかり行なっていて合格率が高いところで勉強するほうが、効率よく学習できどんどんと上のレベルの資格取得が可能となります。

目的に合わせたスクール選び

中には趣味でジェルネイルが出来る程度の知識を習得できるお楽しみ系のスクールもあります。逆にネイルサロン開業のための経営学的なノウハウまで教えてくれるようなところもあります。自分が目指すものは何かを考えて、将来を見据えた上でのスクール選びや資格検定選びを行なうようにしましょう。

ネイリストにとって資格は国家試験のように必須のものではありません。ですが、取得していれば必ずプラスになるのです。

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

PAGE TOP