ネイリストの求人・仕事トップ/美容/コーヒーで痩せる?脂肪燃焼作用のあるコーヒーの正しい飲み方
美容
2016.06.01

コーヒーで痩せる?脂肪燃焼作用のあるコーヒーの正しい飲み方

IMG_0378

コーヒーを飲むと太る、というイメージを持っている方は多いのではないでしょうか。

しかし、あまり知られていないのですが、実は脂肪燃焼効果があり、さらには飲み方やタイミング次第で美容効果も望めるのです。

そこで、脂肪燃焼作用のある、正しいコーヒーの飲み方についてご紹介したいと思います。

コーヒーに含まれている成分とは?

コーヒーに含まれている、カフェイン、そしてクロロゲン酸は、脂肪燃焼効果が期待できると聞いたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

コーヒーを飲むと、トイレが近くなるという方もいると思いますが、これはカフェインの作用であることも多く、カフェインが身体の血行をよくし、基礎代謝が高まるためであることからです。

または、足などの浮腫み、そして、足腰の冷え、肩こりなどの改善効果も期待できます。このため、身体の中から綺麗にダイエットをすることができるのです。

飲むタイミングとは?

痩せるのに効果的な飲むタイミングですが、これは運動前の20~30分前が望ましいです。また、なるべく寝る前に飲むことは避け、お昼ご飯、または夜ご飯の後に飲むのが良いでしょう。

そしてその後、身体を動かしたりなど、運動をすることで、さらに脂肪燃焼効果が高まります。カフェインの効果は飲んでから20分後に効果が現れるため、コーヒーを飲んだ後に、じっくりと散歩をしてみたり、意識的に身体を動かしたり、動いてみるように心がけるとよいでしょう。

さらに、量は毎日3杯程度をホットで飲むことが推奨されています。あまり多すぎても良くありませんので、気を付けてくださいね。

痩せるための飲み方とは?

痩せるためのコーヒーの飲み方として、まず80℃のお湯で淹れるようにしましょう。

これは、なぜかというと、脂肪燃焼効果のあるクロロゲン酸は、熱に弱く、沸騰したお湯を入れてしまうと、クロロゲン酸の効果が失われてしまうからです。

そして、ダイエット効果を期待したいのであれば、砂糖やミルクなどを入れずに、そのままブラックで飲むことのが良いでしょう。もしもブラックが苦手であれば、微糖で飲むことをおすすめします。牛乳を入れる場合にも、スキムミルクを利用すれば脂肪分を抑えることができます。

 

コーヒーには、脂肪燃焼効果があり、飲むタイミングと飲み方次第でダイエット効果が期待できます。

もしもダイエットをしたい、と考えているのであれば、まずはこれらの方法を実践してみてはいかがでしょうか?

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

PAGE TOP