ネイリストの求人・仕事トップ/美容/お風呂に入れると美容効果がアップするもの10選とその効果
美容
2016.03.25

お風呂に入れると美容効果がアップするもの10選とその効果

1日の疲れを癒してくれるお風呂タイムは、女の子にとって大切な時間。せっかくならただのお湯に浸かるだけではなく、もっと美容効果を高めたいですよね。

「しまった!入浴剤がない!」そんなときもひと安心。入浴剤の代わりになって、あなたを美しくしてくれる身近なアイテムをご紹介します。

お風呂に入れると美容効果がアップする食べもの

1.塩

発汗作用がある塩は、むくみ知らずの身体とスベスベのお肌を作ってくれます。食塩ではなく、ミネラル成分を含む粗塩か岩塩を選ぶのがポイント。

2.柑橘系の果物の皮

冬至にはゆず湯に浸かるという方も多いでしょう。食べ終わった後のみかんや、果汁を絞った後のレモンの皮でも、リラックス効果を高めることができます。血行を促進し、保湿効果もあるため、よく眠れること間違いなしです。

3.ショウガ

食べれば身体が温まることで有名ですが、お風呂に入れてもその美容効果は抜群!リュウマチや冷え性の症状を和らげるだけでなく、殺菌・消毒効果で汗のニオイもきれいさっぱり消してくれます。

4.りんご

安く手に入りやすいりんごも、お風呂に浮かべるだけで嬉しい効果が!ビタミン類、ミネラル、ポリフェノールといった成分が、疲労回復、リラックス、美肌、冷え症改善に効果的なのです。皮や芯だけでも十分効果を実感できますよ~。

5.米ぬか

現代では捨てられてしまうことの多い米ぬかですが、実は捨てるのがもったいないほど栄養豊富。中でもビタミンBが新陳代謝を良くしてくれる働きをします。肌の新陳代謝も活発になり、肌につやを与えてくれます。

6.重曹(ベーキングパウダー)

重曹は皮脂を分解し、角質をやわらかくしてお肌をツルツルにしてくれます。お掃除に使えることも有名で、入浴後のお掃除も楽チン。

お風呂に入れると美容効果がアップする飲みもの

1.緑茶

緑茶に含まれるカテキンには強い殺菌作用、ビタミンCには美白効果、フラボノイドにはニオイを消す効果があります。出がらしでも十分その効果を実感できるので、経済的なのも嬉しいですね。

2.ワイン

ワインに含まれるビタミンPは血流を改善し、身体を温めてくれる効果があります。また、タンニンという成分が皮膚のたるみを改善してくれ、ヒドロキシ酸が老化防止、肩凝りや冷え性にも効くなど、ワインひとつで様々な効果が得られます。

3.日本酒

日本酒は乾燥肌に悩む女性の救世主!アミノ酸やグリセロールの持つ強い保湿力が、肌をもちもちにしてくれるのです。血行促進作用で冷え性も改善し、いいことずくめですね。

4.牛乳

タンパク質を分解する酵素が、肌の老廃物を除去し、毛穴の汚れをスッキリ落とします。ビタミンも豊富なので、保湿にも効果があります。

上記のものを使う際の注意点

お肌に合わない可能性もありますので、少しずつ試してみるのがいいでしょう。
緑茶やワインは色が浴槽についてしまったり、日本酒や米ぬかは発酵してしまったりする可能性がありますので、入浴後はなるべく早くお湯を抜くようにしてください。
また、いずれも残り湯を使った洗濯は控えたほうがいいでしょう。
お風呂に入れると美容効果がアップするものと、その効果をご紹介しました。市販されている入浴剤を使うのもいいですが、家にあるもので手軽に節約とキレイを手に入れられれば嬉しいですよね。
ぜひ、お肌や身体の悩みに合わせて試してみてください。

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

PAGE TOP