ネイリストの求人・仕事トップ/美容/お客様に一番見られているのはここ!「眉毛美人」になりましょう♪
美容
2017.02.15

お客様に一番見られているのはここ!「眉毛美人」になりましょう♪

接客業の中でも、お客様との対面距離が一番近いネイリストの皆さん。接客中、ちょっとお客様からの視線が気になる・・・という時ありませんか?マスクが多少の防御壁代わりになってくれるとはいえ、お話を聞きながらの接客では、目元の印象も大事です。そこで今日は、顔の印象を変える重要なパーツ、眉毛についてのお話です。

昔から、「眉毛が決まらないと1日が始まらない!」なんて良く言いますが、これ、あながち間違いではありません。逆に、眉毛さえしっかり描けていると、他のメイクが少し抜けていても「きちんとメイクしている感」が出たりするもの。そして、私のメイクレッスンに来てくださる方の中で一番多い悩みも『眉毛がうまく描けない』というものなのです。思い当たる方もいらっしゃるのではないでしょうか?そんな方へ、今日は「眉毛美人」になれるメイク法をお伝えしたいと思います。

メイク法のまえに…

まず、実践メイクに移る前に、絶対にやっていただきたいことがあります。

それは、

『自分のまゆげを鏡でよく見ること』

これ、とても簡単なことなのですが、とても大事なことなのです。

人それぞれ、左右の眉毛の濃さは部分によって違います。しっかりと特徴を捉えてから、これから伝えるやり方をぜひ実践してみてくださいね。

※注意事項

まず、まゆげの薄い(無い)部分から描き始めるのが正解。
自動的に左右同じようにペンキみたいに塗るのはNGです!
描く部分と描かない部分も左右によって変えてくださいね。

~眉美人間違いなし!「眉」の作り方~

・小鼻と目じりの延長線上に眉じりの最終ポイントを置き、ペンシルで描いていきます。
※眉じり、短い人が結構多い。
・眉毛がないところは一本一本の気を生やすように丁寧に。
・眉じりはカーブ。中間はストレートに。それがストレートアーチ眉。
・濃い目のパウダーを。毛足硬めのブラシで描くと綺麗にパウダーがのります。
・眉を美しく描くには毛と毛の隙間を見逃さず、埋めていくこと。
・明るめのパウダーを、付属のフワフワブラシで細かく隙間を埋めます。
・仕上げはニュアンスカラーのオレンジパウダーで。眉を一層明るくさせます。

ちなみに、動画の中でも使用していた、私がリアルに使っている眉作りに欠かせない化粧品はこちらです。

ANASTASIA(アナスタシア)  ブロウペンシル


出典:http://www.anastasia-eyebrow.jp/

まるで自分の眉毛が生えているかのように、一本一本細くなめらかに、
繊細な眉を描ける超極細芯のブロウペンシルです。

・カートリッジ式のブロウペンシルで、描いた後に自然になじませられるブラシ付き。
・肌あたりがやわらかく、肌に負担をかけません。
・硬すぎず柔らかすぎない絶妙な硬さの芯で、ダマにならず、なめらかに描けます。
・汗、皮脂に強いウォーターレジスタンス処方。

(HPより抜粋)

公式サイトを見る

IPSA(イプサ) アイブロウ クリエイティブパレット


出典:http://www.ipsa.co.jp/

一人ひとりの髪の色やなりたいイメージに合わせて、自然で立体感ある眉が描けるアイブロウパレット。
計算された5色の組み合わせで、プロが描いたような美しい眉に仕上がります。
毛髪に合わせて、赤とオレンジのニュアンスカラーを配置。さらに、眉全体の形、眉尻の形、眉頭の陰影、眉毛の色、それぞれに合わせたパウダーとブラシを採用しました。オイルでコーティングしたパウダーを配合し、くずれにくくする工夫も。

(HPより抜粋)

公式サイトを見る

さて、いかがでしたか?これでマスクの下から見える目元もまた一層美しく、素敵な印象作りができますので、ぜひトライしてみてくださいね。何度も言いますが、 「いつもより15秒長く自分のまゆげを鏡でよく見てください」。美への一歩はそこから始まりますよ!

専門家プロフィール

戸田さと美

戸田さと美

起業家/ビューティーコミュニケーター

起業家/ビューティーコミュニケーター/ウーマンライフプランナーと多才な顔を持つ小学生のママ。15歳でモデルとしてデビュー。女性が輝ける社会実現をする為、また自身もその可能性を示したいという思いから、PETAGO株式会社を設立し、代表を務める。また、セミナー活動の傍らで、定期的に開催する「納得できる自分をつくるパーソナルカラー&メイクLesson」は予約がすぐ埋まる盛況ぶり。

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

PAGE TOP