ネイリストの求人・仕事トップ/生活/いつがタイミング?女性が保険に入るべきタイミングとは
生活
2016.02.12

いつがタイミング?女性が保険に入るべきタイミングとは

女性が健康保険等生命保険に加入をするときは、基本的には社会人になったときかあるいは結婚をするときです。
社会人になるまでは、親が何かしらの保険に加入させている場合があったりしますが、実際に自分で加入する経験もなく、保険にまつわる知識も乏しくいざ自分で加入するとなった時に、どんな保険にはいったら良いのか、あるいはいつのタイミングで入るのかもわからないものです。

保険への加入検討時の注意点について

加入をするべきものについてはよく考えなければいけません。
なぜならば、通常アルバイトなどの非正規雇用でない限りは、公的社会保険及び厚生年金に加入を行うものであり、したがって、それらに加入をした上でさらに民間の保険に加入をするかどうかは慎重な判断が必要です。
通常、公的保険でも社会保険の場合は非常に充実していて、医療機関を受診した際の3割の自己負担とは別に、高額療養費制度であったりあるいはその他人間ドックなどが充実していることがあります。

加入するところによっては、女性特有の子宮がん検診や乳がん検診なども格安あるいは無料で実施しているところもあるでしょう。
すなわち、これだけ充実しているのにさらに加入をするべきかどうか、判断しないといけないわけです。
正社員や契約社員といった場合を除いて、非正規雇用で社会保険に加入を出来ない場合ではなおさら民間の保険に加入を行うかどうかを慎重に見極めることが求められます。

収入が少ないわけですから、その収入の中から民間の保険料を支払えるかどうか、慎重に検討しなければならないわけです。

保険へ入るタイミングは?

保険に加入するタイミングは年齢や状況、家族構成によってタイミングが異なります。保険は「生きて行くためのお金」として加入します。
しかし20代で自分の石で保険に加入しているという人はまだまだ少なく、加入しているという人でも親が加入した保険を引き継いだという場合が多いようです。これが30代になってくると少し変化があります。

身近な人が病気になった、自分自身の体にも年齢的な変化が出たなど保険について考える機会が増えてきます。
具体的に加入者が増えているタイミングというのは、「結婚をした」や「離婚をした」、「マイホームの購入」「転職・独立」「定年を迎えた」など人生の節目で加入する方がやはり多いようです。

特に女性は結婚を期に保険の加入や見直しを行うという声も多いいですが、女性には特有の病気もありますので、万が一のことを考えて、まだ加入しなくても保険への知識はつけておいた方が良いです。

加入を検討している場合には

もし加入を検討する際には、実際に加入した、あるいは検討した身近な人などからの意見を聞いてみると良いでしょう。
保険に加入しようか検討している場合でもよく調べずに直接保険屋さんから話を聞いてしまうと、本当に自分に合った保険なのかがわからないまま契約してしまうといったケースも起こってしまうからです。
その点身近な人で加入者であれば、保険の加入を勧めたり案内をすることが仕事の人よりも、中立で親身な相談ができるのでじっくりと考えることができます。
もちろん知識が乏しく、相談をする際には一度専門の人に相談をしても良いかもしれませんが、即決はせず一度持ち帰って誰かに相談することが重要です。

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

PAGE TOP