ネイリストの求人・仕事トップ/生活/【注意】不快感を与えているかも!?友達と一緒にいる時のスマホ使用マナー
生活
2016.02.02

【注意】不快感を与えているかも!?友達と一緒にいる時のスマホ使用マナー

phone-958066_1280

昨今、めまぐるしく普及してるスマートフォン、その中でもゲームアプリやSNSアプリは、暇つぶしに最適です。
通勤、通学の電車内やバスでの移動時など、手元にスマホがあれば、暇な時間を楽しく過ごせます。

本格的なゲームが遊べるアプリや、最新の情報をいち早く、かつ、手軽に得ることができるニュースアプリなどアプリの種類は様々です。

さらには、遠方の友達とリアルタイムでコミュニケーションが交わせるSNSアプリもあり、交互に画面を切り替えながら、同時に作業を進める事さえ可能です。

非常に便利で、スマホ上でいろいろな人とコミュニケーションがとれることは素晴らしいことですが、スマホに熱中し過ぎるのは禁物です。

特にリアル友達といっしょにいる時は、必ず相手の了解を得てから、イヤホンやゲームアプリの起動を始める等、相手をひとりぼっちにしない対策が必要になります。

目の前にいる人との会話が最優先

不快感を与えるスマホの使い方として、相手が会話してくれているにも関わらず、自分はゲームやSNSに夢中で、返事を無視する、といった行為があります。

またアプリの操作に熱中するあまり、生返事をする行為や相手の目を見ずに適当に相槌を打つのも不快感を友達に与える行為になります。

リアルで友達や知人といっしょに食事をする時などは、原則としてスマホを脇に置いておきましょう。

相手からすれば自分を放置してスマホアプリを操作している様子は、「君と過ごすのは退屈」や「貴方よりもゲームの方が大事」といった意図として受け取られます。

それは自分の意思とは別に相手が解釈するものではありますが、世間一般のマナーですので、理解すべきです。

カメラロールを勝手に見ない

友達と会話中に、自分の撮った写真を友人に回して見せる場面をよく見かけます。
そんな時見せた写真とは別に、許可なく他の画像まで見てしまう方がいます。不意に見られてしまって恥ずかしい写真や見られたくないものまで見られてしまい、嫌な思いをしたことがある方もいるのではないでしょうか。

スマートフォンには、カメラロールを含め、個人情報やプライベートな情報までたくさん情報がつまっていますので、人のものを扱う際には細心の注意が必要です。

もしも提示している写真を見る場合は一度、見ても問題がないか確認してから見るようにしましょう。

どうしてもスマホを使いたいそんな時には一言伝える

とはいえ、急な要件やどうしても気になる要件がある場合には、誰かと一緒でもスマホを確認、あるいは操作をしなければいけない場面もあります。

そんな時は相手に一言、状況を伝えたり、どれぐらい時間がかかりそうかなどを伝えるようにしましょう。せっかくの友人との楽しい時間、一緒にいる時間を大切にしてリアルなコミュニケーションをとるようにしましょう。

分かってはいるけどスマホが手放せない

また、習慣的にスマホが手放せなくなってしまっている人は”スマホの依存症”の可能性も考えられます。以下の項目が自分の行動に当てはまっていませんか?

・お風呂やトイレの中までスマホを持ち込む
・仕事中もスマホが気になって仕方ない
・食事中もスマホを見ていることが多い
・スマホを忘れてしまった日はとても不安になる
・仕事以外のスマホの利用時間が1日5時間以上になる

これらの項目に多く当てはまっている場合は注意、そして改善が必要です。

使用時間を決めたり、予備のバッテリーを持ち歩かない。使い放題のプランを辞めてみる。まず依存症を抜け出す第一歩として取り入れてみてください。

 

スマホに依存していると、スマホに時間を費やし時間を無駄にしてしまったり、周りの事を気にしなくなり会話が減るなどのマイナスな要素に加えて、移動中に歩きながら使用することで思わぬ事故につながる危険もあります。
これって自分のことかな?と感じる方は、今一度、自分のスマホへの依存度具合を確認してみてはいかがでしょうか。

 

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

PAGE TOP